映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 男は騙される

富島健夫の『雪の中の信子』を映画化したもので、「女は抵抗する」の長谷川公之が脚色、「セクシー・サイン 好き好き好き」の島耕二が監督した推理ドラマ。撮影も「セクシー・サイン 好き好き好き」の小原譲治

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

横田家の離れに間借りしていた大学生の石井が、自分の部屋で死体となって発見された。失火からか、放火からか。発見された時は、顔は勿論手足までも焼けただれていた。石井であることは着衣などから判明した。他殺と断定された。室内には犯人が侵入した様子はなかったが、事件前日、石井の国許から届いた五万円の現金書留がなくなっていた。翌日、若い女が石井を訪ねてきた。信子といい、石井の恋人だった。石井の先輩竹中は、自分を訪ねてきた大島を想い出した。大島は石井の同級生だった。大島もひそかに信子を愛していたのだ。彼は信子を石井から奪ってやると言っていた。ある婦人科の病院から石井と信子が出てくるのを目撃した。信子は妊娠中絶の手術をすませて出てくるところだった。大島は強引に信子に接近した。秘密をにぎられた信子は弱かった。石井と大島の二人の仲は険悪化した。石井は殺され、大島はどこかへ姿をかくしたのだ。警察は、石井が死ぬ前一緒に飲んだと思われるヤクザの松村という男を容疑者として逮捕した。松村のアリバイは不明瞭だった。信子は、大島をおそれ竹中の家に身を寄せていた。ある夕方彼女の許へ電話がかかった。電話を聞く信子は色を失った。電話の主は石井だったのだ。殺されたのは石井でなく大島で、犯人が石井なのだ。石井と信子は山へ逃避行を始めた。が、彼らを待っているのは死であった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Internees of Kampili
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

吉川信子 叶順子
竹中一郎 菅原謙二
従妹明美 岸正子
石井天頂 三田村元
天頂の父 河原侃二
大島三千夫 立花良一
妹八重 三木裕子
松村 杉田康
陽子 江波杏子
高橋刑事 菅井一郎
捜査主任 北原義郎
編集長 村上不二夫
記者 夏木章
婦人記者 響令子
水谷 伊丹十三
信子の伯母 平井岐代子
煙草屋のおかみさん 橘喜久子
一福のおかみ 加治夏子
シスコのバーテン 谷謙一
シスコの女給 村井千恵子
横田 遠藤哲平
妻みの 耕田久鯉子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 男は騙される