TOP > 上映中の映画作品を探す > 大岡政談 魔像篇

林不忘の原作を、「旗本と幡随院 男の対決」の高岩肇が脚色し、「若桜千両槍」の河野寿一が監督した娯楽時代劇。撮影は「御存じ いれずみ判官」の松井鴻

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

八代将軍吉宗の世。老中筆頭近藤相模守が何者かに殺された。相模守は、江戸市中に大量の偽小判が流れている事実をさぐるための途中殺されたのだ。相模守と縁あった園絵を妻にもち、私淑していた神尾喬之助は義憤を感じ、越前守に訴えたが取り下げられた。老中筆頭の座には脇坂山城守がついた。大目付牧野、若年寄米倉、それに喬之助を恋仇とする近江之介らがその輩下だった。喬之助は失脚を図られたが、城中で一人を切り姿をかくした。園絵は近江之介の魔手を逃れるため舌を噛み切って死んだ。家に帰った喬之助はこれを知って怒り、近江之介ら一味十人の首を挙げることを誓った。喬之助の出没で迷惑を蒙っているのが、彼と瓜二つの浪人茨右近だ。六番組を追う喬之助と出会い、一度は匁を交したが、やがて意気投合し、喬之助は右近の家にかくまわれることになった。もう一人、近江之介らの動静をうかがう老人があった。魚心堂と称し、喬之助側に現われることもたびたびだった。一夜、近江之介を襲おうと血気にはやる喬之助を魚心堂が押しとどめた。山城守のふるまいは目に余るものがあり、偽小判の流出は後を断たない。しかし、越前守の活躍は、偽小判鋳造団をつきとめていた。山城守の大老就任が内定、その祝いをかねて琉球踊りの宴が張られた。最高潮の場で衣裳をかなぐり捨てた男、喬之助だった。もう一人は右近だ。越前守が偽小判鋳造と相模守殺害の首謀者として指したのは山城守だった。山城介は自匁し、近江之介は斬られた。魚心堂は越前守だった。

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 橋本慶一
原作 林不忘
脚色 高岩肇
監督 河野寿一
撮影 松井鴻
音楽 鈴木静一
美術 角井博
照明 田中憲次
録音 墨関治
編集 宮本信太郎

キャスト

大岡越前守 市川右太衛門
神尾喬之助 若山富三郎
園絵 大川恵子
壁辰 月形龍之介
お妙 丘さとみ
脇坂山城守 山形勲
脇坂近江之介 戸上城太郎
村井長庵 原健策
牧野備中守 香川良介
米倉丹後守 清川荘司
大迫玄蕃 吉田義夫
浅川新之助 加賀邦男
日向一学 片岡栄二郎
長岡頼母 関根英二郎
博多弓之丞 五味勝之介
飯能主馬 中村時之介
蜂淵車之助 津村礼司
妙見勝三郎 石井一雄
満谷妥女 品川隆二
伊豆屋伍兵衛 高松錦之助
お春 松島トモ子
金山寺屋音松 二代目澤村宗之助
遊佐幾久馬 丘郁夫
南海屋幸兵衛 有馬宏治
小染 藤田佳子
久世大和守 立松晃
神保造酒 小田部通麿
鏡丹馬 近江雄二郎
読み売り屋 星十郎
益谷家の仲間 熊谷武
脇坂家側用人 近松竜太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 大岡政談 魔像篇