TOP > 映画作品を探す > 人肌呪文

「薄桜記」の伊藤大輔のオリジナル・シナリオを「関の弥太っぺ(1959)」の加戸敏が監督した推理時代劇。「千姫御殿(1960)」の竹村康和が撮影を担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

旗本の伊織はつづらの中の女を救った。友人宅に預けた帰途、闇討ちにあった。翌朝、女は大久保彦左がひきとっていた。一心太助宅に預けられたが、覆面の侍が襲った時、女は消えた。その時、太助に助力を買って出たのが浪人の登之助だった。彦左は彼を見こんだ。伊織から責任を問われ、女を探すべく、彦左は登之助の長屋に居候した。登之助は喧嘩商売に出た帰途、金山奉行の子・曽根崎義江の挑戦にあうが、勝負を預けた。伊織は再び襲撃を受け、敵が金山奉行の配下と知った。彦左と登之助は試合を口実に曽根崎邸に行き、例のつづらがそこのものだと知った。--例の女はお組といい、登之助の妹だった。兄妹の父は金山奉行の配下の与力だった。伊豆の銀山で金鉱が発見され、父は竹流し金を江戸へ運ぶ途中、行方不明になった。その黄金拐帯の冤罪をはらすため、兄妹は奉行側の不正の証拠を握ろうとした。お組は奉行邸に住みこみ、銀山の機密書類を盗もうとして捕えられたのだ。彦左は同族の勘定奉行・出雲守を利用し天城の代官領へ向った。義江一味も発ち、現地の生証人を殺し、さらに彦左の一行を襲った。天城で病床にあった刑部は、義江が妹の荻江を利用して自分の毒殺をはかったのを知り怒った。荻江を供に江戸へ向った。お組はまた宝蔵に忍びこみ、義江に捕った。登之助は伊織と共に刑部一行を迎え討つが、すでに刑部は病死していた。荻江を人質にしようとするが、登之助がやめさせた。彦左は出雲守に悪事の一味だと迫り、きりつけてきた相手をきった。が、義江から釣天井の下敷きにされた。その場に落ちた仏像に、一味の連判状がかくされていた。その時、登之助たちが、曽根崎邸へきりこんだ。義江はお組をタテに逃げるが、荻江の短筒に傷つき、登之助の剣に倒れた。荻江も義江から剣を投げられ、死んだ。

作品データ

原題 The Last of the Imperial Army
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 三浦信夫
企画 奥田久司
脚本 伊藤大輔
監督 加戸敏
撮影 竹村康和
音楽 鈴木静一
美術 太田誠一
照明 島崎一二
録音 奥村雅弘

キャスト

寺西登之助 勝新太郎
曽根崎義江 小林勝彦
阿曽根伊織 北原義郎
荻江 浦路洋子
お組 宇治みさ子
大久保彦左衛門 二代目中村鴈治郎
一心太助 月田昌也
谷源八 舟木洋一
お仲 加茂良子
佐々惣兵衛 伊沢一郎
大久保出雲守 杉山昌三九
東条 水原浩一
曽根崎刑部 嵐三右衛門
横地玄白斎 荒木忍
大迫 寺島貢
大五郎 尾上栄五郎
笹尾喜内 天野一郎
三鬼 寺島雄作
右内 石原須磨男
寺西宕之進 原聖四郎
田丸 伊達三郎
賀来 藤川準
竹之内 玉置一恵
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 人肌呪文