映画-Movie Walker > 作品を探す > 恐妻党総裁に栄光あれ

川内康範の原作を、原作者自身が脚色し、「サザエさんの赤ちゃん誕生」の青柳信雄が監督した喜劇。「若い素肌」の小泉福造が撮影した。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

戦後、憲法によって男女同権が確立されて以来、日本には恐妻時代が訪れた。憲法学者藤原弘之進が、やがて男性が権利拡張運動を起す時代がやってこようと予言して死んでから数十年。ある日首相官邸で、弘之進の遺児藤原弘次郎博士を中心に与野党首脳部が集り、報道陣をシャット・アウトして秘密会議が開かれた。弘次郎博士を総裁に恐妻党を結成し、「亭主安全保障法案」を成立させる相談である。報道陣はこの会議の秘密を探ろうと躍起となった。東都タイムスの若山はこれが再軍備のための憲法改正問題に関係があるとにらんだ。そこで竹内文相の秘書早川鮎子にさぐりを入れ、重要秘密書類のコピーをとることに成功した。東都タイムスで男性達の陰謀を知った女房族は、藤原夫人鳥子を会長に女権防衛会を結成し、猛烈な巻きかえし作戦に出た。世の亭主たちは各々の家庭のベッドから追放されるという憂きめにあった。かくてわきかえる世論の注目をあびながら、「亭主安全保障法案」の国会票決の日がきた。結果は百八十二対百九十六で否決。今はこれまでと恐妻党首脳部は岩田首相はじめ二、三の人々を残して首都から集団脱走した。恐妻党は山中にたてこもって「恐妻碑」を建て気勢をあげた。亭主捜査本部をもうけレーダーを使って彼らを発見した女房族は、恐妻党に降服勧告状をつきつけた。かくて宣戦は布告され、女性軍は総攻撃の挙に出た。恐妻党は首脳部六人を残して潰滅した。藤原博士をのぞく五人もやがて女性軍に白旗をかかげてしまった。乱戦の最中に東部タイムスの若山は、鮎子に強引に求婚した。その二人の前で、恐妻党の孤塁を守って戦っていた藤原博士も、ついに鳥子夫人と和解して抱きあった。「ああ博士までも」と、自分の亭主としての苦難の前途を思いやる若山の手を、鮎子はしっかり握りしめた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 84
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 青柳信雄
製作 藤本真澄
原作 川内康範
脚色 川内康範
撮影 小泉福造
音楽 宮内国郎
美術 植田寛
録音 刀根紀雄
照明 金子光男

キャスト

若山春彦 高島忠夫
早川鮎子 白川由美
藤原弘之進博士 有島一郎
藤原弘次郎博士 山本嘉次郎
鳥子夫人 沢村貞子
竹内文教大臣 十朱久雄
よし子夫人 久慈あさみ
荒川委員長 千葉信男
増子夫人 清川虹子
三原国防大臣 田武謙三
大野木代議士 森川信
花代夫人 北川町子
岩田首相 菅原通済
谷村外交大臣 渡辺篤
あさ子夫人 一の宮あつ子
大川幹事長 沢村いき雄
大川幹事長夫人 水の也清美
首相秘書官 平凡太郎
デスク 丘寵児
横山 堤康久
福沢 児玉清
運転手土屋 由利徹
荒川の子供治 伊東隆
テレビアナウンサーA 向井淳郎
テレビアナウンサーB 橘正晃
巫女 若水ヤエ子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 恐妻党総裁に栄光あれ