映画-Movie Walker > 作品を探す > 羽織の大将

「サラリーマン出世太閤記・完結篇 花婿部長No.1」の笠原良三の脚本を、「若い恋人たち」の千葉泰樹が監督した、フランキーが落語家に扮して活躍する喜劇。撮影は「暗夜行路」の安本淳

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

十文字忠夫は好きな落語家になる決心をした。桂文楽師匠の弟子である桂五楽師匠の内弟子になった。やがて、小文という芸名を貰った。かけ出しの小文になにかと好意を見せるのが「万盛軒」の春江である。ようやく前座に出られるようになった日、北海道から母親のこうと妹の勝子が上京して来た。法律事務所に勤めているとばかり思っていた息子が高座にいるのでびっくり。五楽のとりなしで母の怒りをといなした小文は、女子大に入る勝子と一緒にアパート住いをすることになった。思いがけぬチャンスが訪れた。ひいきの奥山社長に連れて行かれたナイトクラブで即興の漫談をやったのが、たまたま同席していた放送プロデューサーの目にとまったのだ。小文は新作ものに踏み出し、マスコミに追われる人気者になった。学友の亮太郎の応援演説を頼まれ、亮太郎は当選した。しかし買収の疑いで小文も逮捕された。五楽の身許引受けによって陽の目を見た小文を持っていたのは、ラジオ、テレビからの出演拒否であった。失意の思いでトボトボ歩く小文は道で兄弟子の小丸に会った。話はもつれて喧嘩になった。腹を立てて帰る小丸は自動車にひかれて死んでしまった。通夜、涙を流して小文は位牌に手をついた。五楽のとりなしで、小文は再び高座へ上ることになった。お囃子にのって古典落語を語る小文の目には、一点の迷いもなかった。涙ぐんで聞いている春江は、やがて郷里へ嫁に行くためトランクをもって名ごり惜しげに去った。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 千葉泰樹
製作 三輪礼二
脚本 笠原良三
撮影 安本淳
音楽 佐藤勝
美術 河東安英
録音 藤縄正一
照明 西川鶴三

キャスト

十文字忠夫 フランキー堺
春江 団令子
桂五楽 加東大介
桂小丸 桂小金治
十文字勝子 原知佐子
十文字こう 梅野公子
北川亮太郎 藤木悠
奥山先生 柳家金語楼
桂遊太郎 三遊亭歌奴
桂楽馬 佐田豊
五楽の妻浜子 東郷晴子
芸者茶良子 塩沢とき
安鶴先生 安藤鶴夫
鹿毛 十朱久雄
鉄峰 里井茂
クラブの支配人 宮田羊容
勝子の学友・赤坂 大塚国夫
黒岩 清水一郎
私服警官 瀬良明
放送プロデューサー 岡豊
放送脚本家 村上冬樹
古本屋 山本廉
古道具屋 沢村いき雄
床屋の娘 河美智子
桂文楽 桂文楽
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ作品でレオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット共演

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 羽織の大将