TOP > 上映中の映画作品を探す > ひばりの森の石松

「右門捕物帖 地獄の風車」のコンビ鷹沢和善の脚本を、沢島忠が監督した娯楽時代劇。撮影も同じく「右門捕物帖 地獄の風車」の伊藤武夫

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

縞の合羽を海風になびかせて、三度笠、長脇差一本腰にぶちこんだ石松。逃げまどう旅鴉を追っかけて三人の渡世人が斬りつけるのを見て助太刀におよんだ。石松は大暴れの末、旅鴉を逃がしてやったが後が大変。三人の渡世人は清水一家の大政、小政に、増川の仙右衛門で、逃げた旅鴉が仙右衛門の親の仇神沢の小五郎だというのだ。石松は小五郎をさがしに船着場に日参した。ある日、船着場で盲がフクロ叩きにあっているのを目撃、石松はその盲を救けたが、これが牛若の三次という大泥棒。しかし、三次から小五郎がドモ安一家に潜んでいることを聞き出した。石松は単身ドモ安一家になぐりこみをかけた。これを聞いた次郎長一家も助太刀に出た。仙右衛門は親の仇を討った。--石松は奉納金五十両を持って四国の金比羅さんに出発した。清水を出た途端、丸亀藩の姫と家老が悪家臣に追われて逃げて来た。石松は千恵姫を救ったが、家老の田宮鉄斎は殺された。そこで三次に会い、三次は丸亀藩に注進のため一足先に出発、石松と千恵姫の二人旅が始まった。船中ではやくざ通の町人におだてられいい気分だったが、讃岐の船着楊には、千恵姫の命を狙う安藤伊十郎らの悪家臣がずらり待ちぶせしていた。石松は千恵姫をかばって大活躍したが多勢に無勢、次第に追いつめられた。と、そこへ三次が案内する丸亀藩の忠臣が駈けつけ、無事千恵姫を救った。

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

森の石松 美空ひばり
清水の次郎長 若山富三郎
大政 加賀邦男
小政 長島隆一
増川の仙右衛門 尾上鯉之助
豚松 花房錦一
牛若の三次 里見浩太朗
千恵姫 植木千恵
お弓 春海洋子
稲妻のおとし 松風利栄子
田宮竜斎 大河内傳次郎
田宮鉄之助 高島新太郎
中田格之進 中村幸吉
月形哲之介
古石孝明
武居のドモ安 阿部九洲男
神沢の小五郎 徳大寺伸
安藤伊十郎 二代目澤村宗之助
黒岩典膳 吉田義夫
佐川 尾形伸之介
大和田の友造 高松錦之助
津向の文吉 中村時之介
潮右衛門 長田健
お可代 浜恵子
お清 月笛好子
お春 舟橋圭子
源助 島田秀雄
佐吉 香月涼二
留吉 関根英二郎
安三 杉狂児
長左衛門 富久井一朗
信吉 小田真士
久六 堺駿二
おたね 紫ひづる
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ひばりの森の石松