映画-Movie Walker > 作品を探す > サラリーマン御意見帖 男の一大事

東宝サラリーマン映画の新シリーズ第一作。「現代サラリーマン読本 恋愛武士道」の長瀬喜伴の脚本を、「悪魔の接吻」の丸山誠治が監督し、「現代サラリーマン読本 恋愛武士道」の鈴木斌が撮影した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

今春大学を卒業する一心太郎は、サラリーマンになるよりも家業の魚屋を継ぎたいという変りダネだ。母親のおかねは反対だった。女手一つで一人息子を大学までやり、あげくのはてに魚屋になると言い出されては歎くのも無理はない。近所の小料理屋の女主人千代や、その娘で太郎を憎からず思っている弓子がおかねに同調した。千代は、スタービールの専務・大久保彦三郎家の執事役・喜内老人に太郎の就職を依頼した。しかし、試験日が調理士の試験日とかち合っていた。太郎は迷ったが、調理士の試験を受けた。母親も大事だが、自分の意志を簡単に曲げるわけにはいかぬ。試験場で二人の女性と知りあった。バーのマダム藤子と、スタービール社長家光の妹のみどりである。彼は肘を突っつかれ、仕方なく答えを教えた。調理士には合格したが、もちろんスタービールには落ちた。スタービールの売上げが、この地区で目に見えて減り出した。大久保が調査した結果、千代がこの地区ではちょっとしたうるさ方であり、その関係でスタービールを扱う店が減少しているということが分った。太郎がみどりや藤子と親しそうな様子を見て、弓子は絶交を言い渡した。藤子が自分のバーに太郎と小僧の仙三を誘った。家光と五、六人の社員がいた。仙三がビールを嫌いだと言ったことから大乱闘となった。社長の尻拭いに来た大久保と太郎が、藤子の店で顔を合わせた。大久保は太郎に好感を待った。なぜ落ちたのだろう。太郎が受験しなかったことを知った。皆が太郎を責めた。太郎は改めて専務に口頭試問を受けた。彼は合格した。誤解を解いた弓子も励ました。太郎もサラリーマンになる決心をした。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Gun Like Lightning
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 丸山誠治
製作 安達英三郎
脚本 長瀬喜伴
撮影 鈴木斌
音楽 松井八郎
美術 植田寛
録音 矢野口文雄
照明 森弘充

キャスト

一心太郎 小林桂樹
おかね 沢村貞子
大久保彦三郎 加東大介
大久保正夫 白田肇
家光和雄 太刀川寛
家光みどり 中島そのみ
家光康子 一の宮あつ子
夏川弓子 水野久美
夏川信助 森川信
夏川千代 浪花千栄子
夏川貫一 亀谷雅敬
村山藤子 中田康子
喜内笹夫 中村是好
仙三 桂小金治
文吉 西条康彦
春子 横山道代
婆や 出雲八重子
駒子 峯丘ひろみ
豊吉 八波むと志
町田早苗 家田佳子
清水人事課長 柳谷寛
大木販売課長 田武謙三
大学の職員 左卜全
社員 堺左千夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サラリーマン御意見帖 男の一大事