TOP > 映画作品を探す > 天下の快男児 万年太郎

源氏鶏太の原作を、「旅情」の舟橋和郎が脚色し、「高度7000米 恐怖の四時間」の小林恒夫が監督した明朗サラリーマンもの。撮影は「ふたりの休日」の飯村雅彦

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヴィナス化粧品本舗に勤める万年太郎が、九州支社から東京本社へ転勤して来た。後輩の増田と、若子が東京駅に出迎えた。若子は社内一の美人である。その彼女が、たまたま寄ったとんかつ屋“風流”で、宣伝課長の村田にからまれながらこれを撃退した太郎を見、太郎が好きになった。村田は若子に色目をつかう中でも、最も執拗な自信家だったのだ。この喧嘩の噂は、たちまち会社全体に拡がった。太郎の評判は極悪人のようなものだ。若子は怒って、太郎を自分の家に下宿させることにした。九州から金魚という芸者が太郎を追って上京した。彼女は村田の計略にひっかかり、社長室で太郎への恋慕をご披露してしまった。太郎は社長からどなられ、若子を怒らせた。くさった彼は“風流”で酩酊した。と、“風流”の一人娘多美子が太郎にマイり、下宿先までついて来て、接吻を送る始末である。しかし、太郎は人気モデルのミス・チェリーの専属契約に成功し、男をあげた。おさまらないのは村田課長とその一派、グレン隊をそそのかして、ミス・チェリーのテレビ出演当日、彼女の顔を斬ろうと企んだ。だが、片捧をかついでいた良子がめざめ、すべてを太郎に告げた。太郎はテレビスタジオに駈けつけ、グレン隊一味をKOした。--村田は会社にとっては大顧客の息子なので、会社は喧嘩両成敗とし、村田を勤務変え、太郎を北海道支社へ転勤させることになった。駅頭のはなやかな見送りの中に、どうしたことか若子だけが見えなかった。淋しげな太郎を乗せて汽車は出た。と、「私も北海道へ行くの」と若子が肩をたたいた。

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 118
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 根津昇
原作 源氏鶏太
脚色 舟橋和郎
監督 小林恒夫
撮影 飯村雅彦
音楽 木下忠司
美術 田辺達
照明 川崎保之丞
録音 加瀬寿士
編集 長沢嘉樹

キャスト

万年太郎 高倉健
若原若子 山東昭子
若原俊介 中村是好
若原文子 吉川満子
若原大助 有光洋二
社長 小川虎之助
青山 伊藤雄之助
杉山 加藤嘉
片山 花澤徳衛
村田勇吉 大村文武
小泉 潮健児
吉野 杉義一
成田 大東良
花島良子 小宮光江
増田善吉 今井健二
古瀬 岩城力
原田久子 小林裕子
吉川節子 春丘典子
大野蘭子 故里やよい
八杉桃子 八代万智子
重役A 曽根秀介
工場長 滝謙太郎
近藤治子 光岡早苗
金魚 楠トシエ
多美子 佐久間良子
T氏 トニー谷
グラマー嬢 奈良あけみ
肥えた婦人 岡村文子
女将 風見章子
白バイ警官 南廣
看守 萩原満
野山花子 久保菜穂子
野山鶴子 三浦光子
マメ 星美智子
風流の親爺 岸井明
中年のマダム 山本緑
堀内 須藤健
川瀬 堀雄二
キャバレーの女 醍醐都子
若者A 関山耕司
若者B 滝島孝二
丸根久造 神田隆
花井 高田博
サブ 片山滉
マア公 豊野弥八郎
フロマネ 梅宮辰夫
踊り 花柳万利助
歌手 ザ・ピーナッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 天下の快男児 万年太郎