映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒線地帯

「人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男」の宮川一郎と「猛吹雪の死闘」の石井輝男の脚本を、石井輝男が監督したもので、秘密売春組織を描いたもの。「静かなり暁の戦場」の吉田重業が撮影した。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

トップ屋の広二は秘密売春組織を追っていた。街頭の女易者の案内で、つれこみ宿へ行くが、そこで眠り薬を飲まされた。目覚めた時、女は首をしめられて死んでいた。ワナだ。町田は女易者とポン引の行方を探った。この“踊り子殺人事件”を新聞が報じ、町田のライバル鳥井も動き始めた。町田は例の旅館の女中を街で見かけ、話をきこうとした時、車が女をはねた。女の髪の中から麻薬が出てきた。また“あの晩の男はサブ”とも言い残した。警察に、事件を知らせる女の電話があった、--町田の急報と同じ頃に。鳥井はテープの声を町田と判別し、彼に目星をつけた。町田は死んだ踊子と親しかったという洗濯屋を探るが、手がかりはなかった。が、街で拾った女の麻薬常用者からサブの居所を知った。コマ劇場のそばのパチンコ屋。町田はサブを追い、マネキン製造所に飛びこみ、麻耶というあばずれ女と知り合う。海軍キャバレーのシンガポールという女給のことを話してくれた。そのキャバレーに鳥井が来ていた。--町田は死んだ女の踊っていた横浜のキャバレーへの途中、美沙子という高校生を拾った。彼女はフランス人形運搬のアルバイトをしていた。町田はマネキンに麻薬が隠されていると悟り、麻耶に自白を迫る。鳥井がかけつけ、町田を犯人とキメつけた。町田は二日の猶予を鳥井にもらった。麻耶はいつか彼にひかれていた。警察はすでに町田を犯人として追っていた。町田は麻耶と二人で追手をのがれるが、途中女がケガをし、看病した。時間は迫った。麻耶は知っていることを町田に全部話した。町田は女易者を見つけ出し、麻薬団のボスが例の横浜のキャバレーを根城にしていることを聞きだした。彼はキャバレーに行った。そこには美沙子が人質になっていた。--町田の活躍で、事件は解決した。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 80
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石井輝男
製作 大蔵貢
脚本 石井輝男宮川一郎
企画 佐川滉
撮影 吉田重業
音楽 渡辺宙明
美術 宮沢計次
録音 根岸寿夫
照明 矢口明

キャスト

町田広二 天知茂
鳥井五郎 細川俊夫
麻耶 三原葉子
美沙子 三ツ矢歌子
橘祐吉 大友純
黒木蘭子 吉田昌代
佐野兼子 魚住純子
泰造 守山竜次
サブ 鳴門洋二
ジョー 宗方祐二
大沼麗子 瀬戸麗子
エミー浜口 南原洋子
並川 菊川大二郎
千晶 矢代京子
ホテルの支配人 鮎川浩
ホテルの女中時子 城実穂
写真売り 小高まさる
杏子 桂京子
加代 山村邦子
加代子(ゲーボーイ) 浅見比呂志
ゲーボーイB 坂根正吾
ボート屋の老人 高松政雄
マネキン屋の親父 大谷友彦
シンガポール(女給) 水上恵子
主任 国創典
刑事井上 倉橋宏明
刑事近藤 宮浩一
刑事鈴木 晴海勇三
警官 村山京司
食料品店の店員 原聖二

レビュー

ラストの殴り合いが秀逸

投稿者:遅れてきた映画青年

(投稿日:2015/6/13)

「ハッ!」と驚いた瀬戸麗子が、ひたすら逃げまくる場面がタイト…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒線地帯