TOP > 上映中の映画作品を探す > かくれた人気者

獅子文六の『おばあさん』を、「とゞけ母の叫び」の依田義賢が脚色、「よさこい時雨」の酒井欣也が監督したホーム・コメディ。撮影は「お夏捕物帖 月夜に消えた女」の石本秀雄

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

今春高校を卒業する丸子は、栄養学校を志望している。だが、欣一・滝子の両親は反対だった。賛成してくれるのはおばあさんだけだ。丸子は、両親に無断で栄養学校へ願書を出したと言った。おばあさんは、欣一と滝子から丸子の養子の話があるから見合をすすめてくれと頼まれたばかりだった。また、おばあさんの三男の三平が、結婚したいと言い出した。彼は欣一の脛かじりで新劇に熱中している。欣一は三平が芝居をやめないかぎり、結婚費用など出しそうにもない。それに、相手のマリ子という娘も同じ劇団の女優でアルバイトにバーに勤めていた。ある日、おばあさんの次女の八重子が家出したという知らせがあった。彼女は開業医に嫁いでいるのだが、これはよろめきがちの夫をこらしめようという心算らしかった。慌てて迎えに来た夫に迎えられて、この事件は無事落着した。おばあさんは、花婿立候補の恒夫を、夕食に招くという形で丸子に会わせた。不意打ちの見合いに丸子は怒ったが、恒夫を嫌ったのでもないらしかった。結局、恒夫と交際するという条件で、栄養学校入学が認められた。ところがおばあさんが恒夫の父の謙三と大喧嘩をしてこの縁談は破談になった。欣一夫婦は怒った。丸子も淋しそうだ。おばあさんは隠居部屋にこもった。しかし、恒夫が怪我をし、これがいい機会になって恒夫と丸子はめでたく結ばれたのである。

作品データ

原題 Everyone's Favorite
製作年 1959年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 76
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 杉山茂樹
原作 獅子文六
脚色 依田義賢
監督 酒井欣也
撮影 石本秀雄
音楽 西山登
美術 桑野春英
照明 蒲原正次郎
録音 三輪三郎

キャスト

納富かね 清川虹子
納富欣一 石黒達也
納富滝子 浅茅しのぶ
納富丸子 大西さく子
納富健次 大泉滉
納富文子 関千恵子
納富毅 谷田昌和
納富克 横田悦二
関口達人 田中春男
関口八重子 水原真知子
関口秋子 江村久美子
関口鶴子 奥村敦子
関口正一郎 遠藤祐一
納富三平 三木のり平
花村マリ子 千之赫子
立上謙三 渡辺篤
立上恒夫 渡辺文雄
斎木もと子 佐乃美子
納富欣也 永田光男
欣也の秘書 滝沢ノボル
梅谷常務 大邦一公
常務の妻 高山裕子
歌手 沢村みつ子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > かくれた人気者