映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 千姫御殿(1960)

山本富士子の千姫映画で、「町奉行日記 鉄火牡丹」の八尋不二の脚本を、同じく「町奉行日記 鉄火牡丹」の三隅研次が監督した。撮影は「月影兵庫 上段霞斬り」の竹村康和

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪落城の際、坂崎出羽守に救い出された千姫は、坂崎の求婚を斥け、本多家に再婚した。が、千姫は吉田御殿にこもって遊興にあけ暮れた。大工の芳之助は一夜の伽を命じられたが、翌朝死体となって許婚者おかつに発見された。吉田御殿の悪評は紛々だった。本多家の若侍小林万次郎は、姫と刺しちがえて死ぬより方法はないと言い、自らその役を買って出た。しかし、万次郎は姫の美しさの虜となった。やがて、万次郎の死体も沼に上った。--千姫に、田原喜八郎と名乗る若侍が近づいた。幸若舞の名手で、毅然とした態度が千姫の心をうった。この二人の間の空気を察した、老女如月の目が光った。千姫の夢を破ったのは、芳之助の仇を討たんと、下婢として入りこんでいたおかつだった。白刄をつきつけられ、妖婦とののしられて、千姫は驚いた。自分に近づいた男が次から次へと殺されたと聞いては、なおさらのことである。如月はおかつを斬ろうとしたが、喜八郎が身柄を預かった。田原喜八郎、実は本多佐渡守の命を受け、千姫の身辺をさぐる隠密であった。佐渡守から千姫の行状を訴える書状を見せられ、喜八郎はこの中傷は誰がするものかと考えこんだ。遠駈の日、千姫と喜八郎は武蔵野の原野で抱き合った。喜八郎は、千姫のよからぬ中傷の主が、如月であることを知った。如月は千姫のために身を滅ぼした坂崎出羽守の姉だった。如月は時到れりと、千姫に刀を抜いて迫った。この時、喜八郎が駈けつけ、如月を斬った。--上使として、柳生但馬守が吉田御殿を訪れた。家康の遺言通り、再縁するか、もしくは尼になれというのである。千姫はこばんだ。喜八郎は佐渡守に真相を話し、幕府の評定をくつがえそうとした。が、佐渡守は恋に目がくらんだとして、閉門を命じた。佐渡守は千姫の前に現われ、喜八郎は公儀隠密としての役目を果した、姫は御剃髪されるようと言った。喜八郎が隠密と知った千姫は、絶望だった。喜八郎は切腹を命じられ、これを受けた。千姫の剃髪式、その時喜八郎の遺書を持っておかつが駈けつけた。千姫は喜八郎の真実の心を知り、「私は幸せな女でした」と叫んだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Storming Squadron
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 97
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 三浦信夫
企画 税田武生
脚本 八尋不二
監督 三隅研次
撮影 竹村康和
音楽 齋藤一郎
美術 内藤昭
照明 中岡源権
録音 大角正夫
編集 西田重雄

キャスト

千姫 山本富士子
田原喜八郎 本郷功次郎
徳川家康 二代目中村鴈治郎
本多佐渡守 志村喬
柳生但馬守 滝沢修
如月 山田五十鈴
おかつ 中村玉緒
小林万次郎 小林勝彦
百合 三田登喜子
芳之助 鶴見丈二
あやめ 毛利郁子
黒木重兵衛 千葉敏郎
桃ノ井 美川純子
坂崎出羽守 島田竜三
佐渡島金弥 大和七海路
小菊 加茂良子
小堀備中守 舟木洋一
藤内 清水元
池田玄蕃 香川良介
慈眼上人 荒木忍
五月 瀧花久子
おまき 浦辺粂子
花桐 橘公子
弥生 浜世津子
千草 小町瑠美子
狭霧 若杉洋子
三笠 近江輝子
おげん 小林加奈枝
本田主殿 嵐三右衛門
徳川秀忠 志摩靖彦
井伊掃部頭 東良之助
酒井雅楽頭 葛木香一
彦島佐兵衛 南部彰三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 千姫御殿(1960)