映画-Movie Walker > 作品を探す > 東海道 弥次喜多珍道中

「大学の御令嬢」のコンビ近江俊郎松井稔の脚本を、近江俊郎が監督した弥次喜多もののパロディ。撮影も「大学の御令嬢」の岩橋秀光

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

弥次喜多は、どういうことか、江戸の西郷吉之助と藤田東湖の密書を京都の桂小五郎へ運ぶ役目に選ばれた。二人は密書を半分ずつ持ち、江戸を発つ。女に弱いから、賭場で色仕掛で巻上げられた。だから、やくざの手から鳥追い女を救っても、無用にビクビクした。実は玉垣という芸妓で、勤皇派のつけたお目付役だ。馬入川の渡しで、森の石松にあうが誘われ食ったスシの代金を取られた。武者修業の若衆、数馬と同宿したが、この男、男装の麗人だ。千代という女が惚れたが、処置なかったという。三島の女郎屋「おかまや」で失態を演じ、清水に来たらまた石松にあった。讃岐へ向うはずだが、片眼の故で、江戸の方へ行ったので、また帰ってきたのだ。江尻で山形屋の悪業を、忠治と浅太郎に化けてこらしめる。が、本モノが現れ、惚れられた娘お藤をフイにした。大井川で水にほうりこまれ、密書を干しているとむっつり左門の部屋改めがあったが、この左門、字が読めなかった。金谷の宿で大モテにモテた相手は気違い女だった。鈴鹿峠で雨宿りした先は、石川五右衛門の家だ。毒入り酒を飲まされかけるが五右衛門が自分で飲んでしまい、水ほしさに大釜に落ち、辞世を残して果てたのだ。伊賀上野で、例の数馬の仇討を見た。荒木又右衛門三十六番斬り。ビワ湖のほとりをグラマー天狗が駒を駆る。風雲急なり。弥次喜多は上洛し、首尾よく桂に密書をとどけた。志士たちの会合で、鳥追いは芸者玉垣、やくざは中岡慎太郎と判った。そこへ新選組が斬りこむ。--弥次喜多はみんなに送られて京を発った。娘姿にかえった数馬も千代に送られていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 77
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

弥次郎兵衛 由利徹
喜多八 南利明
渡辺数馬 大空真弓
お供の侍柴田虎之助 白川晶雄
お供の足軽又平 鮎川浩
森の石松 宇津井健
桂小五郎 嵐寛寿郎
幾松 高倉みゆき
中岡慎太郎 川喜多雄二
玉垣 瀬戸麗子
西郷吉之助 舟橋元
藤田東湖 中村竜三郎
近藤勇 小林重四郎
土方歳三 高松政雄
荒木又右衛門 坂東好太郎
グラマー天狗 万里昌代
賭場の女 三原葉子
むっつり左門 岩井半四郎
石川五右衛門 亜木一路
揚巻 高友子
国定忠治 沢田清
板割浅太郎 江波志郎
山形屋藤蔵 今村源兵
乾分平助 木戸新太郎
大家 古川緑波
千代 矢代京子
千代の父親 国創典
河合又五郎 御木本伸介
河合甚左衛門 九重京司
西村悪之助 千葉徹
天上一郎五郎 大谷友彦
お静 西朱実
お静の父親 山田長正
お静の母親 花岡菊子
壺振りの男 ユセフ・トルコ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 東海道 弥次喜多珍道中