映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 水戸黄門漫遊記(1969)

「続社長えんま帖」の笠原良三が脚本を執筆し、「若者よ挑戦せよ」の千葉泰樹が監督した喜劇。撮影は「狙撃」の長谷川清

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

元禄九年、常陸の国の水戸黄門光圀公は、百姓隠居の光右衛門を名乗り、いやがる家臣の助三郎、格之丞を引連れて諸国行脚の旅に発った。だが、箱根の関所にさしかかる頃からペースが乱れて来た。たかという美女に出会ったからである。このたかから「裏街道の関所・御留峠の役人はユデ玉子が大好きで、それと引換えに往来手形を発行する」と聞き、三人は見事に汚職役人をやっつけた。だが、出発前の掟を破って“水戸黄門”を名乗ったため調子が狂ってしまった。お忍びで夜遊びをと三島に出た黄門は、代官に本陣へ案内されて大弱り。ご自慢の白ひげを落してその場を逃れる始末だった。やがて一行は遊女屋にくり込んだが、そこではのり屋の平兵衛が扮するニセ黄門様が歓待されていた。ツキに見放された黄門は島田のバクチ宿で胴ぐるみ一切をすり、川人足で金儲けを企んだものの登録証明がなくてそれもダメ。その時、救いの女神が現われた。たかが、三人の金と着物を盗んで来たのだ。三人はお礼にとたかを肩車に乗せて川を渡り始めたものの途中で石につまづいてドボン。お蔭で助さん格さんはたかのなまめかしい素肌を拝見できて大喜びだった。かくして大井川を越え、三河で、不老長寿精力増強の妙薬を手に入れた黄門は、尾張の若殿を逆臣黒川外記から救い、気楽な旅を続けていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 佐藤一郎
脚本 笠原良三
監督 千葉泰樹
撮影 長谷川清
音楽 佐藤勝
美術 中古智
照明 西川鶴三
録音 刀根紀雄
スチール 秦大三
編集 武田うめ
ナレーション 一竜斎貞鳳
整音 下永尚
製作担当 橋本利明
劇中画 萩原賢次
助監督 大森健次郎

キャスト

水戸黄門 森繁久彌
佐々木助三郎 宝田明
渥美格之丞 高島忠夫
輝千代君 十八代目中村勘三郎
田川新左衛門 中村是好
本庄嘉右門 十朱久雄
女房 東郷晴子
獅子典膳 獅子てんや
緋々椀之肋 瀬戸わんや
のり屋平兵衛 三木のり平
ごまの蠅金太 萩本欽一
ごまの蠅次郎平 坂上二郎
久之市たか 池内淳子
お万 草笛光子
片岡お雪太夫 沢井桂子
まむしの権造 上田吉二郎
子分 越後憲
黒川外記 平田昭彦
大野弥太夫 藤木悠
石田左門 向井淳一郎
黒川の腹心 伊藤実
茶店老婆 赤木春恵
茶店おかみ 矢野陽子
やり手婆 浦辺粂子
亭主 若宮大佑
とんび 石井トミコ
からす 高原とり子
あひる 浦山珠実
役人A 広瀬正一
役人B 大前亘
つぼ振り 宇留木康二
薬屋の亭主 沢村いき雄
本陣の亭主 佐田豊
初音 塩沢とき
浜千鳥 豊浦美子
雲雀 中川梨絵
刺客A 小川安三
刺客B 岩本弘司
刺客C 堺左千夫
娘役者A 木村由貴子
娘役者B 小林夕岐子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 水戸黄門漫遊記(1969)