映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 日本残侠伝

マキノ雅弘が原作・脚色・監督し、永田俊夫が共同脚色した任侠もの。「続 女の警察」の横山実が撮影を担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正半ば、浅草に根を張るやくざ大場と岩田は、角芳の長屋をこわし、デパートを作ろうと画策していた。それを知った木場人足の親方江戸常は、長屋の住民のため、角芳に長屋を売らぬよう頼むのだった。が、その帰り道、江戸常は、材木の下敷となり、不慮の死を遂げた。そんな時、江戸常組の小頭秀次郎が、一年の仮釈を得て帰って来たが、親方の気持を知り長屋を守ろうと決心するのだった。しかしその頃、岩田は角芳を陥し入れ、契約書に印を押させてしまった。これを知った秀次郎は、仮釈の身ゆえ何もできず苦しんだ。そんなある日、江戸常組の吾作は、浅草で同郷の女春代に会った。春代は、秀次郎が警察に行ったのは、自分を救おうとしたからだと吾作に告げ、秀次郎に会わせてくれるよう頼んだ。吾作は、願いを叶えてやろうと春代を連れだしたが、岩田の子分に見つかり、“女郎の足抜き”と、二人は、追われる身となった。岩田の子分たちは、江戸常組にも押しかけ、決着をつけるよう迫り、未亡人のおせいは、その場を見かねて、証文を買い、春代を自由の身にした。そうとも知らぬ二人は、逃げ続け、遂に追手の凶刃に倒れた。哀れな二人の最後を知った仲間の銀次は怒り、単身岩田に乗り込んだが、銃殺されてしまった。銀次の通夜の日、火事で長屋は焼け跡と化した。三人の死と不審な火事とに、仮釈の身と耐えてきた秀次郎の怒りが爆発した。江戸常の半纏を、おせいに返した秀次郎は、殴り込みをかけ、岩田を倒した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 高木雅行
原作 マキノ雅弘
脚本 マキノ雅弘永田俊夫
監督 マキノ雅弘
撮影 横山実
音楽 小杉太一郎
美術 中村公彦
照明 藤林甲
録音 沼倉範夫
スチール 式田高一
編集 辻井正則

キャスト

中山秀次郎 高橋英樹
銀流しの梅吉 川地民夫
喧嘩寅松 郷英治
木曽の吾作 津川雅彦
江戸常五郎 水島道太郎
おせい 南田洋子
弘子 岩井友見
春代 梶芽衣子
おくま 田中春男
角芳の旦那 三島雅夫
粂之助 伴淳三郎
キミ 山本陽子
大場 須賀不二男
岩田 深江章喜
弁天徳 杉江広太郎
黒髪の銀次 長門裕之
難波市 葉山良二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 日本残侠伝