日本侠客伝 花と龍|MOVIE WALKER PRESS
MENU

日本侠客伝 花と龍

1969年5月31日公開,112分
  • 上映館を探す

火野葦平の原作「花と龍」(新潮社版)を「人生劇場 飛車角と吉良常」の棚田吾郎が脚色し、「昭和残侠伝 唐獅子仁義」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は「妖艶毒婦伝 人斬りお勝」の飯村雅彦が担当した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

玉井金五郎が、親友大田新之助のもとで沖仲仕を始めたのは、日露戦争が終った頃。金五郎は、生来の度胸と腕で、新之助や組長の山尾を喜ばせた。金五郎が大村組との喧嘩で怪我をした時、林助の妹マンが見舞いに来た。その時、金五郎はマンにライターを贈った。ところが、それが縁で、九州一の大親分吉田と対面することになった。吉田が、彦島を視察した日、吉田に付添っていた芸者がライターを珍しがり、吉田の子分がそれを力づくで取りあげようとしたのだ。その時、金五郎は毅然たる態度で「子分の非は親分の罪」と、吉田に頭を下げさせた。だが、この一件は同席した伊崎を怒らせ、仕返しを恐れる山尾は金五郎を追出した。それから二年、マンと世帯を持った金五郎は、永田組の助役になっていた。その頃戸畑では、若松の伊崎組を筆頭とする共働組合と永田・大庭組が牛耳る連合組合が対立していた。金五郎がお京と、会ったのはそんな折だった。お京は伊崎のさし回しでこの地に乗込んできたのだ。一方、伊崎は、パナマ船への積荷作業から手を引くよう永田に迫った。新之助らが伊崎に身を売り、永田組を荷役から引かせるため契約書をつくったのだ。昔仲間の裏切りに怒り、金五郎は決闘を申入れた。だが、その場は島村の仲裁でおさまった。やがて永田が、金五郎に玉井一家をおこさせた。伊崎らは、その歓迎会の帰途を襲い、林助を殺した。そればかりか、共働組合は荷主を脅し、すべての仕事を連合組合から奪いさった。金五郎は新之助の加勢を得て悪徳伊崎を倒した。

作品データ

製作年
1969年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • mentaico00

    2
    2016/1/31

    火野葦平の小説「花と竜」の映画版。主人公の玉井金五郎を高倉健が演じているけど、まだ若い。藤純子がめちゃくちゃ綺麗。ちなみに、この映画の主人公の玉井金五郎は、実在の人物で、火野葦平のお父さん。小説で言うとかなり前半部分のみで、昔のやくざ映画らしい作り。そのために仕方ないんだろうけど、部隊が地元で小説の方が好きだったので、少し残念だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告