TOP > 映画作品を探す > 女殺し屋 牝犬

藤原審爾の原作を「ある殺し屋の鍵」の小滝光郎が脚色し、「女賭博師さいころ化粧」の井上芳夫が監督したアクションもの。撮影は女賭博師シリーズを撮っている中川芳久が担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

小料理屋の美しい女主人客代は凄腕の殺し屋であった。ある日、木島興業の幹部相川から金融王石塚を消してくれと依頼された。香代は刑事に見守られプールで泳ぐ石塚を見事に殺したが、帰途についた彼女の車には罠が仕掛けられてあり、危うく助かった香代は始めて怒りに燃え、殺意を抱いた。そしてファッション・モデルの美加に頼んで相川を旅館に誘い込んだ香代は相川を脅して組長の木島を呼び出した。二人を痛めつけ、石塚殺しを指令したのが美加のパトロン東洋商事社長の安部であることを吐かせ、あっさり二人の命を奪った。何も知らない美加に安部を紹介させ殺そうとするが、香代の正体を知った安部は逆に約束の場所に殺し屋をさし向けた。危うく難を逃れた香代は電話で殺しを予告し、うろたえた安部は改めて美加のレジデンスを会見の場所に指名した。香代は窓からバスルームに侵入した。室内には美加と電話中の安部。その電話から、さらに安部の上にボスがいることを知った香代は、すきを見て襲ってきた安部を刺した。目指す相手、政界の黒幕飛田が羽田から外遊すべくボディガードと刑事に護衛されて傲岸と胸を張った後から香代が音もなく近づいたのは、出発のアナウンスが始まった直後だった。

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 藤井浩明
原作 藤原審爾
脚色 小滝光郎
監督 井上芳夫
撮影 中川芳久
音楽 鏑木創
美術 間野重雄
照明 泉正蔵
録音 奥村幸雄
スチール 薫森良民
編集 中静達治

キャスト

福沢香代 江波杏子
赤池美加 赤座美代子
安部康三 高橋昌也
飛田信之 三島雅夫
木島吾郎 南原宏治
相川進吉 大川修
石塚太一 石山健二郎
毛利謙 早野寿郎
蛭田仁平 小笠原章二郎
山下勇次 上野山功一
木村和江 笠原玲子
野本敏子 甲斐弘子
瀬田昌江 米山ゆかり
飛田の秘書唐沢 森矢雄二
安部の秘書福田 目黒幸子
新聞記者A 中田勉
新聞記者B 井上大吾
新聞記者C 武江義雄
木島興業の男A 中原健
木島興業の男B 花布洋
木島興業の男C 豪健司
「香代」の小女 三笠すみれ
刑事A 山上友夫
刑事B 杉森麟
現場検証の刑事 橋本力
空港の刑事 仲村隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 女殺し屋 牝犬