映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛奴

栗田勇が『聊斎志異』に材を求めて脚本を書き、共同執筆した羽仁進が「初恋・地獄篇」につづいて監督した。撮影はコンビの奥村祐治が担当した。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

電子大学の学生斎木秀生は、地下劇場の一員で、仲間山本、燿子、波瑠美ら数人と演劇活動をしていた。このグループが打合せに集った夜、秀生は恋人の燿子を誘った。だが、燿子は妙によそよそしく、取付くしまがなかった。秀生が不思議な世界に迷いこんだのはこの夜のことだった。墓地の参道で、円城寺と名のる美しい夫人に呼びとめられたのだ。彼は、夫人に誘われるまま、車に乗り、訪れた古い洋館で一人の少女愛奴に紹介された。彼女は妖精のようだった。夫人はいつの間にか姿を消していた。秀生は燿子との充たされなかった欲望から愛奴を抱き官能の世界を漂った。秀生はその甘美な体験を忘れられなかった。そしてふたたび円城寺邸を訪れた。だが、愛奴との情事に以前と違うものを感じた。それは、円城寺夫人の視線を感じ、夫人の素晴らしい裸体を見たからだった。官能がしめつけられて喘ぐと夫人も喘ぎ、離れたままで同じ恍惚感に溺れていた。「あなたは私を愛した。愛奴は私の官能そのものです。ふとした偶然で死と生の世界を漂っているのです。どうか愛奴をお連れ下さい……」秀生は夫人の声を幻の中で聞いた。それから数日、秀生は墓をあばいて愛奴を連れ出した。だが、愛奴は乞われれば、誰にでもすべてを許す少女だった。刑事に抱かれ、新聞配達とも愛の交歓をした。そんな愛奴を、秀生はなじった。そして、誰よりも強く純粋に彼女を求めるには、と思った秀生は、禁断のものを彼女にのませた。それがために愛奴のいのちははかなくも消えてしまった。そして、手記を残し秀生の姿も……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 AIDO-Slave of Love-
製作年 1969年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 97
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

斎木秀生 河原崎建三
愛奴 末政百合
円城寺夫人 額村喜美子
教授 白井健三郎
山本 増田貴光
燿子 田沼瑠美子
波留美 太田喜代子
松本章
岩下 辻村寿三郎
佐野 九重京司
新聞配達の少年 新宿新次
結婚式の人 植草甚一
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛奴

ムービーウォーカー 上へ戻る