映画-Movie Walker > 作品を探す > 不良番長 練鑑ブルース

「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の山本英明松本功のコンビが脚本を担当し、「不良番長 猪の鹿お蝶」の野田幸男が監督したシリーズ第三作。撮影は「現代やくざ 与太者の掟」の星島一郎が担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関東特別少年院・練馬鑑別所出身の不良グループ・カポネ団は、同じ新宿に根城を張る桜吹雪団と対立していた。関東挺心会会長は、両者の対立を利用して、元華族の白河邸を横領しようと企んでいた。川島はまず弁護士の藤原をまるめこみ、彼の愛人小夜子をカポネ団の首領神坂に近ずかせた。神坂は、金使いの荒さから小夜子が金づるを握っていると睨んだ。藤原と小夜子が、カポネ団と桜吹雪団を呼び寄せたのはそんな折だった。藤原は言葉巧みに、国際賭博場開設の協力を申し出ると共に、横田産業から白河邸の権利書を奪った方に、賭博場のマネージメントを任せると提案した。神坂は、早速暴力にものを言わせ、白河邸の土地家屋を横領した。だが、川島は藤原を使って白河邸を手に入れると、神坂に不当な条件を出した。自分たちが利用されていたことを知った神坂は、挺心会の賭場に集まる外国人客を引抜きヌードショウを開いて報復に出た。ところが、ショウは挺心会につぶされて失敗、神坂は腹いせに挺心会の賭場からテラ銭を強奪した。怒った川島、桜吹雪団にマシンガンをもたせて、カポネ団を襲わせた。ところが、それは両グループを消すための手段だった。仲間を殺されたカポネ団と裏切り行為にあった桜吹雪団は、挺心会に入り乱れ、幹部連をそして悪徳弁護士藤原や川島会長を倒していった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 野田幸男
脚本 山本英明松本功
企画 矢部恒吉田達
撮影 星島一郎
音楽 八木正生
美術 藤田博
編集 田中修
録音 小松忠之
スチル 丸川忠士
照明 元持秀雄

キャスト

神坂弘 梅宮辰夫
谷川武 谷隼人
バイキング 団巌
ジャブ 茶川一郎
フック 玉川長太
白河小夜子 夏圭子
ミッキー 夏珠美
梶木征一 中田博久
タイダー 神太郎
岩井 花田達
寺田 伊藤昭夫
川島憲三郎 内田朝雄
石津 永山一夫
三好 関山耕司
古山 藤山浩二
藤原大蔵 渡辺文雄
めぐみ 正司歌江
美弥子 正司照枝
弘子 正司花江
横田 沢彰謙
パーティの学生 小林稔侍
桃代 桑原幸子
横田物産課長 由利徹
中島 曽根晴美
飯塚 三重街恒二
佐藤晟也
黒背広 香川裕司
重光史郎 菅原文太
菊地三平 鈴木ヤスシ
カポネ団団員 笹一平
カポネ団団員 笹八平
桜吹雪団団員 長井浩二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター:ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが製作を手掛け、『ターミネーター2』のその後の世界を描く

ブラック校則
ブラック校則

佐藤勝利×高橋海人共演で理不尽な校則と戦う高校生の恋と友情を描いた青春ストーリー

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
IT/イット

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』から27年後を舞台に描いた完結編

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 不良番長 練鑑ブルース