TOP > 映画作品を探す > 妖艶毒婦伝 人斬りお勝

「博徒一代 血祭り不動」の高田宏治が脚本を執筆し、「さくら盃・義兄弟」の中川信夫がメガホンをとったシリーズ第二作。撮影は「妾二十一人 ど助平一代」の飯村雅彦

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

甲府勤番頭塩崎は、江戸表への帰参を目論み、農民を叩いては、江戸老中に賄賂を送っていた。甲源一刀流道場主真壁は、稽古に来た塩崎を叩きのめし、悪事を指摘した。だが、悪事発覚を怖れる塩崎は、真壁殺しを企み、金に困っている息子の林太郎を竜王一家の賭場に誘いこんだ。この一件がもとで、真壁は牢に入れられリンチを浴びて他界、養女お勝も汚され、牢に入れられてしまった。折しも、塩崎は江戸表へ帰参し、復讐に燃えるお勝は、女旅鴉のお留以の手を借り牢を破った。だが、街道には、仇討ちを恐れる塩崎により、お勝を手配する高札が立てられていた。その頃、塩崎はますます本性をむきだし、金目あてに豪商淡路屋を殺し、お勝の仕業にまつりあげていた。お勝はお留以と共に、賞金目当ての天馬に捕ったが、北町奉行は、公儀の威信にかけて、塩崎とお勝を葬ろうとしていた。しかし、お勝は天馬から逃れると、黒装束に身を包み塩崎を斬り倒した。そして、駈けつけた捕方を振りきると何処へともなく姿を消していった。

作品データ

原題 Quick-draw Okatsu
製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 秋田亨扇沢要三村敬三
原案 高橋猛
脚本 高田宏治
監督 中川信夫
撮影 飯村雅彦
音楽 河辺公一
美術 江野慎一
照明 大野忠三郎
録音 広上益弘
スチール 加藤光男
編集 長沢嘉樹

キャスト

お勝 宮園純子
お留以 大信田礼子
真壁弥兵衛 西村晃
真壁林太郎 近藤正臣
お咲 賀川雪絵
絵塩崎嘉門 今井健二
四つ谷左文次 山岡徹也
青月 三島ゆり子
平沼徳内 杉義一
竜王の寅蔵 富田仲次郎
伊豆長 植田灯孝
馬篭の東八 亀山達也
櫛形の花吉 土山登志幸
百々の丑松 佐藤晟也
茂十 相馬剛三
おきよ 谷本小夜子
男鹿甚九郎 曽根晴美
おきわ 沢淑子
亀徳 沢彰謙
粂次 伊達弘
伊七 林宏
長六 水原伏二
お石 葵三津子
お紺 尾花ミキ
お糸 田原久子
淡路屋総右衛門 河合絃司
お澄 西智子
お袖 小林千枝
小室主馬 北川俊夫
島本要助 伊達正三郎
野田藤吉 五野上力
栗田音市 中島信義
神山右京 片山剛
天馬軍兵 若山富三郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 妖艶毒婦伝 人斬りお勝