TOP > 上映中の映画作品を探す > 昭和おんな仁義

藤原審爾の原作(小説エース所載)を「蛇娘と白髪魔」の長谷川公之田口耕三が共同脚色し、「ある女子高校医の記録 失神」の弓削太郎が監督したアクションもの、撮影はコンビの渡辺公夫

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

遠子の恋人鳥海が、彼女の前から姿を消したのは、二人が知り合って半年たったある日だった。その日から、遠子は自分のスナックで働く絹枝とともに真相究明にのりだした。まず、チンピラの大木を連れ出した遠子は、鳥海が弟分森戸の命令で殺されたことを知った。遠子は、早速大木の吐いた事実を捜査一課に通報、やがて海からひき上げられた鳥海の無残な遺体に涙を流すのだった。この事件に関心をもっている記者の向井は、遠子に、鳥海がある男を消そうとして逆に消され、柴崎が元凶らしいと告げて去った。遠子は、柴崎の経営するクラブのショウに出演し、絹枝もハウスメイドとして柴崎への接近をはかった。やがて、香港へ高飛びをしていた森戸が帰国した。遠子は、ホテルに森戸を急襲し、鳥海を殺したのが甲山、命令したのが大田原であることを吐かせた。森戸は、大田原の密輸と鳥海殺しをネタに取引しようと帰ってきたが、甲山に狙撃され、真相を知った遠子も大田原らに狙われた。数日後、絹代が柴崎興行の祝賀パーティに忍込み、人質になってしまった。パーティ会場へ向う遠子を甲山が、待構えていた。遠子は、消火器を噴射してその窮地を逃れたものの、会場で大田原の用心棒たちに包囲されてしまった。大田原の人間ドック入りを知ったのはその時だった。向井にその急場を救われた遠子は、やがて看護婦に扮し黒幕のボス大田原を襲ったのだった。

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 78
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 原田光夫
原作 藤原審爾
脚色 長谷川公之田口耕三
監督 弓削太郎
撮影 渡辺公夫
音楽 池野成
美術 山口煕
照明 木村辰五郎
録音 三枝康徐
スチル 柳沢英雄
編集 糸井敬男

キャスト

雲井遠子 江波杏子
浅川絹枝 渥美マリ
向井庸介 菅原謙二
烏海衛 川津祐介
大田原伸市 北村和夫
森戸五六 成田三樹夫
磯村ユリ 松岡きっこ
甲山三郎 戸浦六宏
柴崎順作 小池朝雄
大木松吉 三夏伸
小石捜査課長 早川雄三
志乃田健 森一夫
丸山 津田駿
マンション管理人 中田勉
ボーイ 今井荘一郎
空港係員 武江義雄
アパートの女 有島圭子
ボディガードA 北城寿太郎
ボディガードB 谷謙一
ボディガードC 九段吾郎
ボディガードD 大川修
ボディガードE 前田五郎
看護婦 川崎陽子
パーティの客 遠藤哲平
医者 花布辰男
小使 高見貫
若い乾分 中原健
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 昭和おんな仁義