映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 待っていた極道

「兵隊極道」でコンビを組んだ松本功鳥居元宏が共同でシナリオを執筆し、「大奥絵巻」の山下耕作が、監督した極道シリーズ第四作目。撮影は「徳川女刑罰史」のわし尾元也が担当した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪釜ヶ崎を仕切る島村清吉は、労働者アパート建設を公約して当選しながら、実行しない真弓田を追って東京を訪れた。それを知った真弓田は、暴力団天声会会長天野を使い、追い返しをはかった。子分照男の案内で浅草山谷に足をのばした島村は、小仏一家の親分小堀と、兄弟分の盃を交した。小堀は、労勧者たちの手配師として人望が厚く、山谷の国定忠治の異名をとっていた。だが、小仏一家は、山谷を二分する天声会系渋谷組の悪くどい仕打を受けていた。一方東京オリンピック開催の情報を、政界筋から受けた天野は、来たるべき建設ブームに、山谷の作業員を独占しようと企んでいた。天声会はまず手始めに、小仏一家が作業員を送り込む建設会社に圧力をかけ、次第に労働者を吸収していった。さらに天野は、島村が真弓田の秘書弘美に惚れていることを知り、弘美を使って釜ヶ崎に帰すことを企てた。釜ヶ崎ホテル建設案は、真弓田が島村を騙す手段だった。事の真相を知った弘美は、真弓田の秘書を辞めたが、天声会は彼女に口どめの銃弾を浴びせた。その頃、源造たち数人の労働者が、天声会員によって射殺された。怒った島村は、小堀と共に極道一家を引連れ、日本建設連合会発足の会場に殴込んだ。場内は一瞬のうちに殺戮場と化した。逃げる真弓田の車は電柱にぶつかり炎上。小堀は天野の兇弾に倒れた。ますます怒り狂う島村は、天野の胸坂めがけて二度、三度と銃弾を浴せるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 俊藤浩滋松平乗道
脚本 松本功鳥居元宏
監督 山下耕作
撮影 わし尾元也
音楽 菊池俊輔
美術 吉村晟
照明 井上孝二
録音 野津裕男
スチール 藤本武
編集 宮本信太郎

キャスト

島村清吉 若山富三郎
小堀武男 大木実
みね子 清川虹子
白木弘美 弓恵子
知子 橘ますみ
三上真一郎
ジョージ 山城新伍
佐々木 林彰太郎
サブ 志賀勝
照男 潮健児
関山耕司
吃市 遠藤辰雄
二百円 江幡高志
スピーディ 手塚しげお
たつ 笠置シヅ子
源造 徳大寺伸
投げ銭 大木悟郎
ジョウハツ 広瀬義宣
原田 沢彰謙
真弓田大作 金子信雄
天野正次郎 内田朝雄
猿渡 渡辺文雄
丹羽 山岡徹也
油木 加藤浩
品川 阿波地大輔
ロク 堀田真三
テツ 秋山勝
犬山 小田部通麿
柳田 北川俊夫
川浪公次郎
江上正伍
西山 小島慶四郎
宮本 人見きよし
労働者A 前川良三
労働者B 山下義明
労働者C 阿由葉秀郎
フロント係 寺内文夫
労働者 畑中伶一
衛士 大城泰
真弓田の秘書 五十嵐美弘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 待っていた極道