映画-Movie Walker > 作品を探す > 緋牡丹博徒 一宿一飯

「産業スパイ」の野上龍雄と、前作「緋牡丹博徒」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、鈴木則文が監督した“緋牡丹博徒”シリーズ第二作。撮影は同じ古谷伸

4/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明治十七年秋。上州の農民たちは、高利貸倉持に収穫物をカタに取られ困っていた。倉持がことあるごとに農民に襲われるという事態が起り、戸ヶ崎組が乗り出して農民をなだめる一方、戸ヶ崎の舎弟分笠松一家が事態収拾にあたった。そんな時、笠松の賭場では、艶気をふりまき、背中に弁天の刺青を入れたおれんが、胴元を危うくするほどつきまくっていた。そこで笠松は戸ヶ崎の客分緋牡丹のお竜に応援を頼んだ。お竜は見事な手並みでおれんに勝った。一方、笠松はひそかに倉持と結託、上州一帯の生糸の総元締会社設立を図っていた。この計画を察知した戸ヶ崎は、農民に犠牲を強いる笠松のやり方に怒り、笠松一家に殴り込んだ。その時は、お竜は戸ヶ崎のはからいで四国の熊虎一家を訪ねていた。戸ヶ崎が殴り込んだことをお竜はそこで聞いたが、戸ヶ碕一家は笠松一家によって全滅したのだった。お竜は急ぎ上州に戻ったが、そこはもう日の出の勢いの笠松一家の勢力圏になっていたのだ。後日のことを考慮した戸ヶ崎によって彼の娘まちと結婚して戸ヶ崎組の跡目を継いだ勇吉は血気にはやって殴り込んだが、逆に私刑を受ける有様だった。お竜はそんな勇吉を何かと助けていたが、関八州の親分の一人宮内がその後楯となってくれた。一方笠松は邪魔なお竜を消そうとして襲ったが、一匹狼周太郎に阻まれた。しかし、笠松にはもう一つ企みがあった。戸ヶ崎組の経営する郵便馬車の権利を手に入れることだった。笠松はまちを脅し、ついにその権利書を手に入れたのだ。憤怒に燃えた勇吉は、笠松組と争いなぶり殺したあってしまった。ここに至っては、お竜も決心せざるを得なかった。周太郎とともに勇吉の葬合戦とばかり、笠松組に欧り込み、笠松を倒したのだった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 1968年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鈴木則文
脚本 野上龍雄鈴木則文
企画 俊藤浩滋日下部五朗
撮影 古谷伸
音楽 渡辺岳夫
美術 石原昭
編集 堀池幸三
録音 溝口正義
スチール 藤本武
照明 増田悦章

キャスト

緋牡丹のお竜 藤純子
熊坂虎吉 若山富三郎
戸ヶ崎栄助 水島道太郎
戸ヶ崎まち 城野ゆき
戸ヶ崎太市 伊村賢一郎
菊地勇吉 村井国夫
笹川 川浪公次郎
熊坂清子 丸平峰子
河内山 若水淳
鉄砲竹 畑中伶一
弁天のおれん 白木マリ
半目の安 西村晃
馬喰の七 山城新伍
横綱の六 玉川良一
笠松弥一郎 天津敏
白石 菅原文太
板垣 阿波地大輔
ブッキリ松 平沢修
墓石の為三 江上正伍
泥亀 広瀬義宣
倉持儀助 遠藤辰雄
二宮巡査 堀田真二
きみ 三枝由佳
よし 西岡江里子
ゆみ 紙谷外美
吉岡 堀正夫
宮内 藤岡重慶
須川 矢奈木邦二郎
令嬢 松村美枝子
馭者 小島慶四郎
吾作 中村錦司
平助 和田昌也
市造 蓑和田良太
丈吉 有島淳平
お春 星野美恵子
風間周太郎 鶴田浩二

レビュー

緋牡丹博徒と修羅雪姫どちらが良い女!?

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/5/29)

 1960年代後半から日本映画界各社で製作された女博徒映画は…

[続きを読む]

支持者:4人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 緋牡丹博徒 一宿一飯