TOP > 上映中の映画作品を探す > 昭和元禄 TOKYO196X年

「ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦」の倉本聰がシナリオを執筆し、「めぐりあい(1968)」の恩地日出夫が監督したドキュメンタリー・タッチの青春もの。撮影は「喜劇 駅前火山」の黒田徳三

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

社会部記者の五代健吉は戦乱のさなかにあるベトナムから取材を終えて帰国した。硝煙と、殺戮のベトナムにくらべれは、東京はまさに天国のようなものであった。五代はしばしの間、その平安の中に身を浸した。マンガを読んだり、タバコをふかしたりする所在のない五代は、ある日、後輩の村井から週刊誌のアルバイトを紹介された。そのアルバイトというのは少し変っていた。週刊誌の編集長由井の話によると、浅草のゴーゴー・バーで殺人を犯した少年乙三が自殺を予告して新宿に潜んでいるので、その内面的な変化を、囮を使って取材してくれ、というものだった。五代は新宿の街を歩いた。そこには現代日本の集約された姿がある。五代は、ジャーナリストが、この現代日本を的確に評して昭和元禄と名づけたことに感心した。五代は乙三の所在をつきとめると、囮を雇った。それは三流ファッション・モデルの木塚ユリである。乙三も、ユリもこの時代を代表する若者であった。ユリは、ゴーゴー・バー「穴の中」で乙三に近づいた。若者同士が接近するのは早い。二人はとりとめのない会話を交しながら、バーからスナックへ、そして夜の舗道を歩いた。小さなモーテルへ泊った二人は、自然の成りゆきのように交った。ユリはそんな乙三の内面の声を聞き出し、五代に報告しはじめたが、いつか乙三に対する偽りの愛が真実の愛に変っていた。そうなると、五代に送るレポートを書くことが馬鹿らしくなった。そのうちに、それがもとで乙三と争うようにもなった。一方、乙三は五代と村井にあって、ユリが囮であることを確認した。その日、ユリは九十九里浜で撮影の仕事があったが、その現場に、乙三の乗った車が疾走して来た。乙三は一瞬、車を止めてユリを見、再び疾走していった。その行手は断崖だった。乙三の名を絶叫しつづけるユリの目の前で、車は猛然と転落していった。翌日の新聞に小さな記事がのった。「殺人少年、自動車事故で死ぬ」、そしてそのとなりには、「ショロン地区で今朝三百人死亡」という記事も。

作品データ

原題 Tokyo 196×
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 藤本真澄大森幹彦
脚本 倉本聰
監督 恩地日出夫
撮影 黒田徳三
音楽 林光
美術 樋口幸男
照明 今泉千仭
録音 神蔵昇
スチル 池上恭介
編集 諏訪三千男

キャスト

五代健吉 伊丹十三
村井 橋本功
由井 荘司肇
木塚ユリ 吉田未来
加藤乙三 出情児
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 昭和元禄 TOKYO196X年