映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 街に泉があった

「兄貴の恋人」の井手俊郎がシナリオを執筆し、これがデビュー第一作の浅野正雄が監督した青春もの。撮影は「サラリーマン悪党術」の逢沢譲

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

次男で行動派の次郎と三男で慎重派の三郎は、末弟の泰弘、母ときと共に、東京で生活している長男の順一を頼って上京した。順一は、亡くなった父の反対を押しきって圭子と結婚していたが、狭い団地生活のため、次郎たちは下町にある倉庫の部屋を借りることにした。やがてときはスーパーマーケットに、次郎は自動車の修理工場に、三郎はガソリンスタンドに勤め、泰弘も夏休みには新聞配達を始めるようになった。泰弘はある日、食堂で働く弓子と親しくなり、デートすることになったが、そこに割りこんだのが次郎。頭にきた泰弘は三郎を弓子に紹介し、気の弱い三郎とデートしてやってくれと頼むのだった。そんなとき、たまたま次郎と三郎のデートが偶然かちあってしまい、強引な次郎は修理に入っていたスポーツカーを持ち出し、三郎を出しぬいて弓子を連れ出してしまったのだ。それからというもの、次郎と三郎は、弓子をはりあって猛烈な競争を開始したのである。一方、弓子の働く食堂の主人源七は、泰弘を仲介にしてときと知り合い、お互いにそれとなく気心が通うようになっていた。次郎はその頃、スポーツカーの持主でプレイガールの真理と親しくなっていて、弓子に会うよりも真理と派手に遊び回るようになった。弓子を任されたかたちの三郎は、夫婦喧嘩をした順一と圭子を仲直りさせたりしたが、次郎から、弓子をゆずれと言われて驚いた。真理が結婚するのだという。ムシのいい次郎の申し出を、しかし三郎は承知した。というのは、弓子が最初は嫌っていた次郎を次第に愛しはじめていることを知っていたからだった。そして、ときは、源七と再婚することになった。お互いに助け合ったり、励しあってきた一家に、ようやく明るい未来が、ほのみえているようだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1968年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 金子正且
脚本 井手俊郎
監督 浅野正雄
撮影 逢沢譲
音楽 広瀬健次郎
美術 中古智
照明 石井長四郎
録音 刀根紀雄
スチール 岩井隆志
編集 武田うめ

キャスト

矢野とき 乙羽信子
矢野順一 佐藤允
矢野次郎 黒沢年雄
矢野三郎 三田明
矢野泰弘 稲吉千春
榎本弓子 酒井和歌子
相沢真理 前田美波里
圭子 夏圭子
源七 小鹿番
修理工場主任 堺左千夫
和代 牧とし子
チンピラA 西川明
チンピラB 今村広則
チンピラC 赤塚真人
チンピラD 榊原正邦
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 街に泉があった