TOP > 上映中の映画作品を探す > わが闘争(1968)

堤玲子の同名小説(三一書房刊)を、「智恵子抄(1957)」の広瀬襄が脚色し、「爽春」の中村登が監督した半生記もの。撮影は「進め!ジャガーズ 敵前上陸」の竹村博

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

岡山市に住む堤家は、祖父の過失から濁った血の遺伝と貧困の家庭に転落した。知的障害者の姉秋乃を愛した怜子は、子供心にも結婚はすまい、まして子供は生むまいと決心していた。やがて怜子は自ら“乱れ星のお怜”と名乗り、いっぱしの不良少女になっていたが、心には、純粋なものを持っていた。また彼女は駅の売店に勤め同人雑誌の仲間に入って詩を作るという一面も持っていた。怜子が最初に愛したのはタケという男だったが、彼は人を刺して刑務所に行った。だが間もなく、怜子は最初の同人雑誌発表会の夜、同人の吉岡に処女を奪われてしまった。女は花嫁姿で泣きながら処女を失っていくものと考えていた怜子の感傷は無残にふみにじられ、その口惜しさに怜子は、吉岡を殺そうとまで思いつめた。しかし印刷工の渋川に止められ、不幸な生いたちの渋川とともに尾道で心中を図ったが果たされず、不幸な二人はその日、結ばれる。怜子の妹時子は娼婦になり、ビッコの孤児を育てていた。また末妹の美也は美しく成長し、あるキャバレーに勤めていた。そんなおり、怜子は妊娠した。彼女は母となる幸福感にうずいたが、怜子は子供を生むことを拒絶した。彼女自身のもつ遺伝の恐怖におびえてのことだった。だが、渋川は異常なほど、自分の子供を望んでいた。一方、美也のために公金横領まで犯した山本が美也に会わしてくれと怜子に頼んできた。二人が帰宅してみると、そこには、美也と渋川の抱き合っている姿があった。渋川は自分の子供欲しさのあまり、美也を抱いたのだ。山本はそんな渋川を刺した。それから間もなく、怜子と美也は、渋川が印刷してくれた怜子の詩集「わが闘争」を彼の墓前にそなえた。赤い夕焼け空が、そんな二人の姉妹をつつんで静かに広がっていた。

作品データ

原題 My Destiny
製作年 1968年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 97
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 白井昌夫
企画 若槻繁
原作 堤玲子
脚色 広瀬襄
監督 中村登
撮影 竹村博
音楽 八木正生
美術 横山豊
照明 飯島博
録音 田中俊夫
スチル 堺謙一
編集 浦岡敬一

キャスト

堤又士 吉田義夫
堤岩吉 桑山正一
堤雅乃 野村昭子
堤秋乃 岩本多代
堤怜子 佐久間良子
堤時子 香山美子
堤仙一 夏八木勲
堤美也 加賀まりこ
渋川良 入川保則
山本靖 石坂浩二
タケ 中山仁
加代 吉田日出子
曽我廼家一二三
吉岡 川津祐介
西坂 星雅之
山口 倉田爽平
三井 金光満樹
勝美 渡辺さゆり
年寄りの運転手 長門勇
中原課長 近藤準
医師 高木信夫
産婆 桜むつ子
怜子の少女時代 秋山みゆき
時子の少女時代 寺尾理恵
仙一の少年時代 太田実
マネージャー 穂積隆信
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > わが闘争(1968)