映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 斬る(1968)

山本周五郎の『砦山の十七日』を原案に、「日本のいちばん長い日」の岡本喜八と「兄弟仁義 関東兄貴分」の村尾昭が共同でシナリオを執筆し、岡本喜八が監督した時代劇。撮影は「春らんまん」の西垣六郎

3/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天保四年。空っ風が砂塵を巻き上げる上州は小此木領下に二人の男がふらりと現われた。ひとりはやくざの源太。実は二年前に、役目の上から親友を斬り、武士を棄てた男、兵頭弥源太である。もうひとりは、田畑半次郎。実は百姓に厭気がさし、田畑を売って武士になろうとしている男である。二人が姿を現わしてから間もなく、野々宮の宿場で城代家老溝口佐仲が青年武士七名に斬られた。小此木藩は溝口の圧制下住民たちの不満が絶えず、つい最近、やくざまで加った一撲を鎮圧したばかりだった。しかし、血気盛んな青年武士たちにとって、腐敗政治は許せるものではなかったのだ。そして、さしもの権勢を誇った溝口も、ついに倒されたのだった。しかし、ひそかに機会を狙っていた次席家老鮎沢は、私闘と見せかけて七人を斬り、藩政をわが物にしようと討手をさしむけたのだ。青年たちはやむなく国境の砦山にこもり、期待と不安を抱いて江戸にいる藩主の裁決を待った。鮎沢はそれに対し、腕の立つ狼人を募り、砦山に向かわせたのだ。半次郎は、武士にとり立てるという鮎沢の誘いに応じた。しかし、源太は藩政改革を志す青年たちの味方になり、二人は敵味方に分れて戦うことになった。一方、砦山に篭った青年たちも、その一人笈川の許嫁千乃が来たことから、美貌の彼女を間に対立する雰囲気が生まれてきた。また討手の狼人たちも、鮎沢に見殺しにされる状態になったため、藩士と戦いを交える有様だった。この戦いで、狼人たちの組長十郎太が死んだ。こうした情勢から、半次郎もようやく鮎沢の狡猾な政略を見抜いて怒った。それは鮎沢の命令を受けている藩士たちも同じ気持で、彼らはついに青年たちを討つことは出来なかった。その頃、源太は鮎沢を斬っていた。藩政改革の騒動は終った。源太、そして武士になる志を捨て“土の匂いのする”トミを連れ、それぞれこの地を去っていった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 Kill!
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 114
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 田中友幸
原案 山本周五郎
脚本 岡本喜八村尾昭
監督 岡本喜八
撮影 西垣六郎
音楽 佐藤勝
美術 阿久根巖
照明 隠田紀一
録音 渡会伸
スチール 吉崎松雄
編集 黒岩義民

キャスト

源太-兵頭弥源太 仲代達矢
田畑半次郎-半次 高橋悦史
笈川哲太郎 中村敦夫
竹井紋之助 久保明
正高大次郎 久野征四郎
庄田孫兵衛 中丸忠雄
藤井功之助 橋本功
西村伝蔵 浜田晃
吉田弥平次 地井武男
松尾新六 土屋嘉男
千乃 星由里子
荒尾十郎太 岸田森
道信和尚 今福将雄
溝口佐仲 香川良介
鮎沢多宮 神山繁
森内兵庫 東野英治郎
鮎沢金三郎 黒部進
島田源太夫 天本英世
よう 田村奈巳
トミ 鈴木えみ子
喜助 小川安三
大森帯刀 久世竜
番所の番頭 鈴木治夫
鮎沢の家臣 関田裕
重傷の狼人A 伊吹新
重傷の浪人B 長谷川弘
狼人A 中山豊
浪人B 当銀長太郎
門番 大前亘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 斬る(1968)