映画-Movie Walker > 作品を探す > 恐怖の手

ダニエル・L・ルービン作の「この謎を解け」に基づいて「偽りのマドンナ」「電話の復讐」のアーサー・コーバーフランク・パートスと共同して脚色し、「ラスト・パレイド」のアール・C・ケントンが監督し、「暗に踊る」「明暗2人女」のカール・ストラッスが撮影したもの。出演者には「女に賭けるな」「大西洋横断」のエドモンド・ロウ、「野蛮な紳士」「アナベル情事」のヴィクター・マクラグレン「空の花嫁」「電話の復讐」のリチャード・アーレン、「明日は晴れ」のエイドリアン・エイムス等を始め、ヘンリー・スティーブンソンウィラード・ロバートソン、クレア・ドット、アーノルド・ルーシーラルフ・インスの面々である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ティンドル博士は妻のルースを殺害した。ゴム手袋をはめて殺したのだ。ルースの手のに破損した時計を握らせ、何かの合図であるかのように1本のリボンを窓掛の外に垂らしておいた。こんな後始末の最中に電話のベルが鳴った。同じアパート住まいの友人からである。ティンドルは妻が側にいるかのようにわざと電話の最中に妻に話しかけるふりをした。そして外出する途中にも他の医師やアパートの主婦に会ったので、妻の病気のことを話し、次には役店に立ち寄って薬を妻の許へ届けてくれと頼んだ。こんなことがためされているようとは知らず、ルースと恋仲であったフランク・マーシュという青年はナイトクラブからの帰途、妹のヴェラと別れて1人でルースを訪問した。窓掛のリボンを見て不安に思いながら裏口から入った彼はルースの死体を発見して仰天している折柄、扉を叩くものがある。驚き慌てた彼はそのまま逃れ出たが、扉に残った彼の指紋や彼の当時の行動にことごとく彼に不利で彼は犯人と目されたのである。事件は明るみに出た。その謎を解くべき当局者は警官カーターとマッキンレーである。2人はまたとない親友だったがことひと度婦人に関すると、たちまち変じて仇同志となるという間柄である。今度の事件でも彼ら2人は窮地に陥った。容疑者フランクの妹ヴェラのことで2人はしのぎを削ったことがある。ことにカーターは未だに彼女に少なからぬ望みを抱いているところから異常なる執着をしたのである。この2人の探偵が現場に赴くと同時にティンドルは帰宅して、非常な悲しみの様を見せ、妻の仇を報いるためとして、2人の探偵に力を協せて犯人の残した物件の鑑定につとめた。そしてマッキンレー説に賛成して、フランク・マーシュをルース殺しの下手人となした。かくて無実の罪でフランク・マーシュは死刑を宣告される。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Guilty as Hell
製作年 1932年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 恐怖の手