TOP > 上映中の映画作品を探す > 怪談残酷物語

柴田錬三郎の『怪談累ヶ淵』を「雪夫人繪圖(1969)」の成澤昌茂が脚色。「嵐に立つ」の長谷和夫が監督した怪談もの。撮影は「みな殺しの霊歌」の丸山恵司

5/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

旗本深谷新左衛門は、鍼医安川宗順から、高利の金を借りた。だが、その返済を迫られると宗順を斬殺してしまった。深谷家に異変が起ったのは、その翌春からである。新左衛門は、妻とよが宗順の悪夢に憑かれ床につくと、女中おくまを雇った。おくまは、新左衛門と関係ができると奥方然と振舞い、やがて新左衛門の長男新一郎にまで、誘惑の手をのばした。新一郎はこれを苦に出奔。とよの病状は悪化した。新左衛門は病妻のために按摩を呼んだが、その顔は宗順にそっくりだった。それから間もなく、とよの悲鳴で駈けつけた新左衛門は、按摩に斬りかかった。だが、凄まじい形相を残して死んだのは、とよだった。やがて新左衛門が狂死し、深谷家は改易となった。それから数年。質屋下総屋に居候の身となった新一郎は、そこの奉公人はなの誘惑に身を任せ情交を結んだ。その最中、はなは呻き声をあげて、世を去った。彼女こそ、宗順の次女だった。その時、はなの頸に鍼が刺さっていた。絶望した新一郎は、三百両を土歳から盗み逐電。やがて捕まり、打首に処せられた。根津七軒町の浄瑠璃師女豊須賀は宗順の長女だった。その妖艶な肢体は、この界隈の人気の的だった。新左衛門の次男新三は、うぶを装い豊頃賀の肌を狂わせた。だが新三には目的があった。やがて顔に腫物が出来、醜怪な面相となった豊須賀から、彼女の持金三百両をくすねた。新三は豊須賀を殺し、かねてから情交を結んでいたそば屋の娘お久と江戸を逐電した。逃亡の途中、二人が累が淵にさしかかった時、稲光りと共に、凄じい形相の豊須賀が立ちはだかった。必死に鎌を振るった新三が、正気に戻って見たのは、すでに言切れたお久の姿だった。小塚原をさまよう新三は、処刑された兄新一郎の首を見た。その彼に乞食女が声をかけた。「お久はわしの娘じゃ……」。やがて、奇妙な心中死体が発見された。それは新三と乞食女おくまのなれの果てだった。

作品データ

原題 Curse of the Blood
製作年 1968年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 小角恒雄
原作 柴田錬三郎
脚色 成澤昌茂
監督 長谷和夫
撮影 丸山恵司
音楽 鏑木創
美術 森田郷平
照明 市橋重保
録音 松本隆司
スチール 佐々木千栄治
編集 太田和夫

キャスト

豊須賀 川口小枝
新一郎 田村正和
新三 川津祐介
はな 賀川雪絵
おくま 春川ますみ
お久 桜井浩子
とよ 花柳幻舟
深谷新左衛門 戸浦六宏
安川宗順 金子信雄
下総屋惣兵衛 北村英三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 怪談残酷物語