映画-Movie Walker > 作品を探す > 博奕打ち 殴り込み

「博奕打ち 総長賭博」の笠原和夫がシナリオを執筆し、「人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊」の小沢茂弘が監督した“博奕打ち”シリーズ第五作目。撮影は「尼寺(秘)物語」の赤塚滋

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正の末、巷では滝川組を壊滅させた矢島組の客分小嵐幸次郎の噂でもちきりだった。しかしこの事件には陰の男が幸次郎に加勢していた。その男三浦吉五郎はこの殴り込みの際、重傷を負い病院にかつぎ込まれ、幸次郎がすべての罪を負って自首したのだった。やがて幸次郎は木戸源一家の若衆昭一と共に出獄、すぐさま吉五郎を探すことになった。矢島一家の招きで金井会長を頭とする侠勇会の結成祝に顔を出した幸次郎は、その席上で吉五郎の行方を尋ねたが誰一人知るものはなかった。幸次郎はつづいて川崎の木戸源一家を尋ねた。この川崎では土建屋あがりの石田武市、勘次、太三郎の三兄弟がひきいる石田組が、木戸源一家の縄張りを虎視たんたんと狙っていた。そんなある日、両者は賭場争いから完全に対立した。石田組の汚い挑発行為から木戸源一家に草鞋を脱いだ幸次郎は、ここで年老いた半盲になった吉五郎を見出した。吉五郎には昔の面影はなかったが、もう一度任侠道に死花を咲かそうとする男の意地といまだに親子の名乗りが出来ない娘を女郎から身を引かそうとする親心があった。そんなある日、木戸源一家に石田組がダイナマイトを投げ込んだ。その不意討ちに源太郎や江川、昭一らは殺気だったが、幸次郎は無益な殺傷を避けようと金井に仲裁を頼んだ。しかし金井は石田組に走り暗黙のうちに盃ごとを進めた。裁定は石田組に一方的だった。そして手打式直後とはいえ、以前に増して両者が対立した。そんな不穏な空気が漂うなか、娘お珠の身を引かそうと身請金を持って出た吉五郎が石田組の勘次の匕首に倒れた。やがてお珠を幸次郎に託すと吉五郎は安堵の笑顔をみせて息をひきとった。悪辣な仕打ちに怒った幸次郎は木戸源一家を辞し、石田組に殴り込んだ。激闘数刻、幸次郎は、石田三兄弟を次々と倒し遂に、金井との勝負をも決した。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Gamblers:Throwing in
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小沢茂弘
脚本 笠原和夫
企画 俊藤浩滋橋本慶一
撮影 赤塚滋
音楽 津島利章
美術 井川徳道
編集 堀池幸三
録音 溝口正義
スチール 杉本昭三
照明 増田悦章

キャスト

小嵐幸次郎 鶴田浩二
三浦吉五郎 加東大介
お珠 松尾嘉代
木戸源太郎 石山健二郎
江川益男 名和宏
国分昭一 玉川良一
石田武市 遠藤辰雄
石田勘次 山本麟一
石田太三郎 待田京介
金井長五郎 河津清三郎
矢島徳治 山岡徹也
染井 丘路千
為勝 志賀勝
メリケンの六 西田良
ハッパ松 阿波地大輔
タコ常 汐路章
看守A 夢路いとし
看守B 喜味こいし
大木勝
梅吉 野口泉
新八 川谷拓三
春江 桑原幸子
お佐久 山田桂子
看護婦 鶴久子
上島 平参平
旅人A 高並功
旅人B 小山真士
安蔵 蓑和田良太
滝川親分 浪花五郎
子分 木谷邦臣
杉山 楠本健二
木塚 有川正治
藤野 郡須伸太郎
青山 村居京之輔
警察署長 唐沢民賢
川津 林彰太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 博奕打ち 殴り込み