映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 女賭博師乗り込む

「関東女賭博師」の長谷川公之がシナリオを執筆し、「三匹の女賭博師」の田中重雄が監督した“女賭博師”シリーズ第六作目。撮影はコンビの中川芳久

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

深川芸者小志乃の娘銀子は、一人前の芸を身につけながらも、昇り竜のお銀と名乗り、横井興業の社長のお抱えツボ振りだった。名人といわれるほどの銀子には、しかし、横井の賭場には嫌気がさしていた。社長の情婦でストリッパーのユカリが、座興にストリップをやって賭場の空気を乱していたからだ。しかもユカリがツボを振りたい、という野心をもっているのを知ってからはなおさらである。そんな時、銀子の妹昌代が横井の部下青木に身体を奪われそうになった。そこへ来合せたツボ振りの名人奈良井が、昌代を助けたが、横井の計略にかかって銀子とユカリの三番勝負に立合うはめになった。奈良井はやむなくイカサマをやり、ユカリに勝たしたが、おかげでユカリは花々しくツボ振りとしてデビューすることになった。素人同然のユカリに破れた銀子は、ちょうど母の死という出来事もあって、ツボ振りをやめて二代目小志乃の名を継ぐ決心をしたのである。そのためにかかる莫大な費用は、かつての芸者で今は寺尾商事の社長として関西の賭場を牛耳っているきくが出してくれた。しかし、銀子の名声を知る横井はそれを喜ばず、ツボ振りに戻すため東海道一帯の縄張りをかけて、きくに勝負を挑んだのだ。きくは銀子に内証で、自らツボを振る決心をした。ちょうどその日、芸者には最高の名誉と言われる舞台に立っていた銀子は、このことを聞いて急ぎ賭場に走った。自分をもり立ててくれたきくに息返しするため再びツボを振る決心をしたのだ。銀子の相手はユカリだった。だが、名人と言われた銀子の腕に、素人にも等しいユカリがかなうはずもなかった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Woman Dicer
製作年 1968年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 斎藤米二郎
脚本 長谷川公之
監督 田中重雄
撮影 中川芳久
音楽 鏑木創
美術 井上章
照明 泉正蔵
録音 高橋温生
スチール 椎名勇
編集 中静達治

キャスト

大滝銀子 江波杏子
大滝昌代 大楠道代
三枝ユカリ 三条魔子
寺尾きく 浪花千栄子
奈良井辰造 滝田裕介
山形年夫 早川雄三
横井庫吉 山茶花究
青木政次 上野山功一
中田伸江 水戸光子
大滝志乃 耕田久鯉子
芸者りん哉 長谷川待子
芸者〆奴 甲千鶴
中盆 井上大吾
中盆 森田健二
中盆 九段吾郎
中盆 荒木康夫
私服 小山内淳
バーテン 中田勉
ボーイ 佐伯勇
ボーイ 後藤武彦
ヒッピー青年 石田俊介
北京亭 梅津栄
箱屋 伊達正
組合長 谷謙一
出方 森一夫
女中 須藤道子
横井組幹部 豪健司
横井組幹部 津田駿
横井組幹部 三夏伸
中盆 志保京助
女性グループ・サウンズ ピンキーチックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 女賭博師乗り込む