映画-Movie Walker > 作品を探す > ドレイ工場

労働旬報社の原作「東京争議団物語」を、「にっぽん泥棒物語」の武田敦と、PR映画畑の小島義史、それに監督新人協会砧支部が協力してシナリオ化し、「座頭市牢破り」の山本薩夫が総監督となり、武田敦が監督した実話。撮影は劇映画初の義江道夫と、「証人の椅子」の上村竜一。この映画の製作費は資金カンパにより労働組合、民主団体、個人で構成されたドレイ工場製作上映委員会によって作られた。

5/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関東鉄工の労働者は、低賃金と劣悪な労勧条件の下で、ひそかに組合の結成準備を進めていた。ある日、会社の新体制運動で慣れないグレーンを動かした若い林が墜落死するという事故が起こった。この事故は労働者間に団結心をうえつける契機になり、林を連れて遊び回っていた谷山も、組合に入って会社側と闘う決心を固めた。非公然組合の委員長大村は、組合結成宣言は時期尚早と情勢判断していたが、林の死で強まった組合員の声に押され、ついに全金こと全国金属労働組合傘下の組合結成を会社に宣言して交渉に入った。しかし、結成宣誓に最も熱意を示した副委員長の大塚が、会社側に寝返って第二組合を作ったため、全金の力は弱まり、会社側から様々な圧力を受け始めた。首切り、暴力団によるテロ行為、警官隊による弾圧が組合員に加えられた。労働者たちは、中立を守る者、第二組合に走る者、また、独自に会社と交渉する者と、様々な動きを示した。闘争は次第に長期化の様相を見せ、組合員たちには弱気になって脱落する者も出てきた。だが、第二組合の中でも、会社の合理化案に不満が出てきて、全金に同情する者が増えていた。大村委員長や谷山たちは、こうした事態を迎えて、全国の組合が参加する支援大会を計画し、各地の組合に呼びかけた。やがて支援大会が大々的に開かれ、各種の組合から強い励ましの言葉が贈られた。だが谷山たちを最も感激させたのは、第二組合からの激励電報だった。谷山や組合員たちは、もはや勝利を信じて疑わなかった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1968年
製作国 日本
上映時間 467
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

大村委員長 木村幌
鈴木副委員長 渡辺晃三
田口書記長 横井徹
津野哲郎
新田 小原義雄
谷山 前田吟
佐賀 草薙幸二郎
須本 松山照夫
馬場 陶隆
松田光弘
三島 岡島正和
速水 笠井一彦
伊藤 島津元
渡会 植田峻
専三 宇野重吉
塚本 高島史旭
稲垣 小杉勇二
土井 杉本孝次
厚木 福原秀雄
藤原 石倉喜八
望月 寄山弘
友好労組員A 富沢政男
友好労組員B 阿部希郎
友好労組員C 桑山正一
友好労組員D 鈴木瑞穂
友好労組員E 吉田義夫
松江 北林谷栄
一夫 長谷川雄二
中原早苗
いく子 杉村春子
光子 日色ともゑ
昭代 戸田春子
白石社長 志村喬
工場長 河野秋武
沢野課長 福山象三
宇野組長 花澤徳衛
宮林 中田皓二
二階堂 今西正男
料亭の女中 岸旗江
芸者 赤座美代子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ドレイ工場