映画-Movie Walker > 作品を探す > 東京市街戦

文芸春秋所載の戸川幸夫原作「東京市街戦」を、「波止場の鷹」のコンビの小川英が脚色し、西村昭五郎が監督したアクションもの。撮影は「対決(1967)」の萩原憲治

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

終戦直後の東京は外国人の横暴になすがままだった。今日も青竜会の李らにもてあそばれた挙句、ひとりの夜の女トキ子が殺された。ある日、青竜会に対抗するテキ屋の平松組に、飛行服姿の青年がトキ子の消息を尋ねて現われた。この青年はトキ子の死を知ると、トキ子が面倒を見ていた孤児のサブとユカリの住むボロバスの中に暮すようになった。いつか人々はこの青年を、トキ子が死に際に叫んだ健太郎に違いないと思い、そう呼ぶようになった。一方、平松組はマーケットを建て、青竜会の暴力から日本人の商人を守ろうとしていたが、青竜会の会長崔の横車に乱闘騒ぎを招いた。この時、健太郎はブルドーザーを駆使して崔一派を退けたのだった。そんな健太郎を、平松の娘あやは頼もしげに見つめていた。ところがそのあと、平松が青竜会の殺し屋に殺され、組の者はすっかり浮足だった。健太郎は皆を静め、平松の遺言通りマーケット建設に全力をあげるようさとした。やがて、マーケットは完成した。人々の顔に笑顔が戻り、明るく商売を始めるようになるのを見た健太郎は、あやにこの土地を去ると告げた。そして自分は健太郎ではなく、その友人なのだと語った。しかし、それまでおとなしくしていた崔一派はマーケットを再び襲い、火を放った。拳銃を乱射して日本人に襲いかかる崔たちを見た健太郎は、どこに隠していたのか軽機関銃を持ち出すと、次々と青竜会の面々を倒していった。やがて外国人は倒れ、マーケットには再び平和が訪れたが、健太郎の姿はなかった。ただあるのは群衆の圧倒的な生活力だけだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 The Aftermath of War
製作年 1967年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 西村昭五郎
原作 戸川幸夫
脚色 小川英
企画 岩井金男
撮影 萩原憲治
音楽 鏑木創
美術 佐谷晃能
編集 辻井正則
録音 古山恒夫
スチール 目黒祐司
照明 宮崎清

キャスト

健太郎 渡哲也
平松あや 松原智恵子
平松大三 佐々木孝丸
宍戸錠
辺見 深江章喜
広川 藤竜也
馬場 南道郎
キー公 野呂圭介
マムシ 柳瀬志郎
ロク 市村博
岡部 久遠利三
カオリ 恵とも子
トキ子 弓恵子
小池朝雄
長弘
永山一夫
福山象三
衣笠真寿男
米倉斉加年
樋口卓 二本柳寛
芝文 嵯峨善兵
花園 加原武門
立花 玉川伊佐男
野田 晴海勇三
かつぎ屋の清次 青木富夫
インテリ 八代康二
朱実 椿麻里
早苗 西原春江
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 東京市街戦