映画-Movie Walker > 作品を探す > 稲妻(1967)

林芙美子の同名小説を、「宴」の堀江英雄が脚色、「春日和」の大庭秀雄が監督した文芸もの。撮影は「激流(1967)」の長岡博之

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京の下町の雑貨屋の三女清子は複雑な家庭環境の中にいた。長女の逢子、次女の光子、兄の嘉助は、それぞれ、父が違っていたのだ。逢子は夫を無能呼ばわりするほど気が強い女だったし、光子は急死した夫呂平の不貞にただおろおろするだけの女で、また兄の嘉助は、人が良いだけがとりえの男である。清子は内向的な光子とは気があったが、母のせいや逢子夫婦、嘉助たちが呂平の保険金を狙っているのを見て嫌な気がした。ある日、逢子が両国のパン屋綱吉との縁談を清子に持って来たが、清子は断った。間もなく、綱吉は松戸で割烹旅館を始め、光子はそこの帳場の責任者として働くことになった。しかし、光子は綱吉が逢子と関係があると知ってやめてしまった。そして、逢子が綱吉の所に入り浸る様子を見た清子はたまらない嫌悪感に襲われた。しばらくして、清子は光子が始めたお茶漬屋を訪れ、そこに綱吉の姿を見て驚いた。綱吉は、逢子と関係を続けながら、光子にも手を出していたのだった。その上、彼は清子にも言い寄ってくるほど、厚かましい人間だった。清子には悲しい想い出があった。将来を誓いあった恋人の川口が、清子が私生児と知ると、出世の妨げになると別れていったのだった。清子は姉たちの醜悪な生き方への嫌悪感もあり、家を出ようと決心した。たまたま、三人姉妹と綱吉が光子の店で一緒になった。逢子と光子は口穢くののしりあい、綱吉も一緒になって喧嘩に加わる始末だった。こんな肉親たちと暮らすことはとうてい清子には耐えられないことだった。激しい雷鳴と共に、雨が沛然と降り出した中を、清子は新しい人生を求めて、この家を去っていくのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 A Flash of Lightning
製作年 1967年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 85
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大庭秀雄
製作 斎藤次男
原作 林芙美子
脚色 堀江英雄
撮影 長岡博之
音楽 真鍋理一郎
美術 芳野尹孝
編集 杉原よ志
録音 飯島陸夫
スチール 小尾健彦
照明 津吹正

キャスト

清子 倍賞千恵子
光子 浜木綿子
逢子 稲垣美穂子
嘉助 柳沢真一
せい 望月優子
綱吉 藤田まこと
竜吉 穂積隆信
りつ 宗方奈美
川口 宗方勝巳
呂平 田口計
交換手 町田祥子
天ぷら屋主人 高見孝三郎
女中 後藤泰子
女中 呉恵美子
警官 小森英明
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 稲妻(1967)