TOP > 映画作品を探す > クレージーの怪盗ジバコ

北杜夫の小説『怪盗ジバコ』(文芸春秋社刊)を、「南太平洋の若大将」の田波靖男と、市川喜一が脚色し、「クレージー黄金作戦」の坪島孝が監督したコメディ。撮影はコンビの内海正治

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

人相、年齢、国籍不明の国際的大怪盗ジバコが、予告つきで日本にやってきた。何しろ、ゴリラからマリリン・モンローまで化けることが出来、その上、いかなる錠前もあけることが出来るという怪盗で、世界各国の銀行を破産させること百三十八回、内閣を総辞職に追い込むこと三回、そのために更迭させられた警視総監はその数を知らず、という経歴の持主だから、警視庁が色めきたったのも当然だった。やがて警官が待機する空港に下りたジバコは、鈴木刑事に変装して消えてしまったが、警察に捕ったのは本物の鈴木刑事で、彼はそのためクビになってしまった。同じ日、日本に観光団を装って来た男たちこそ世界を股にかけて悪事を働く窃盗団W・C・W・C一味だった。ジバコは明智少伍郎ら捜査陣に、日本民族の遺産たる美術品を盗むと予告した。そんな出来事の中で、東西観光の社長秘書ナナは、ひょんなことからジバコと一夕を共にし、その写真を新聞に発表して有名になった。ジバコもナナにはいつにない感情がわいてくるのを覚えるのだった。ジバコは狙う獲物のあるやまと美術館に忍び込み、義経の黄金の太刀を見て驚いた。それは偽物だったのだ。ジバコはその時初めて窃盗団の存在を知ったのである。名誉を傷つけられて憤然と立ち上ったジバコはW・C・W・C一味を粉砕すべく、鈴木に協力を申入れた。名うての悪党ぞろいのW・C・W・C一味も変幻自在のジバコにはかなわず、鈴木の活躍もあって一網打尽にされた。ジバコはそれが済むと、いつか愛しあうようになったナナを連れて再び国外に去って行った。

作品データ

原題 Monsieur Zivaco
製作年 1967年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 渡辺晋五明忠人
原作 北杜夫
脚色 田波靖男市川喜一
監督 坪島孝
撮影 内海正治
音楽 宮川泰
美術 育野重一
照明 小島正七
録音 刀根紀雄
スチール 岩井隆志
編集 武田うめ
整音 下永尚
助監督 浅野正雄
SFX 三瓶一信
振り付け 小井戸秀宅
製作担当 堤博康
衣裳/スタイリスト 藤崎トシエ
スクリプター 米山久江

キャスト

怪盗ジバコ 植木等
怪盗ジバコ 谷啓
怪盗ジバコ 犬塚弘
怪盗ジバコ 桜井センリ
怪盗ジバコ 石橋エータロー
怪盗ジバコ 安田伸
怪盗ジバコ ハナ肇
怪盗ジバコ アンドリュー・ヒューズ
怪盗ジバコ R・バルボン
姫野ナナ 浜美枝
眉田洋子 豊浦美子
警視総監 東野英治郎
大池 進藤英太郎
南小路 柳谷寛
ウナ・ギーメシ ハンス・ホルネフ
ケーリンジャー 桐野洋雄
アナスキー 草川直也
右翼の大立物 左卜全
担当大臣 藤田まこと
芸者 安藤孝子
工員 立川談志
ゴーゴーを踊る娘 山本リンダ
タクシー運転手 広瀬正一
東西観光人事部長 佐田豊
記者 宇野晃司
女性歌手 木の実ナナ
警官 小川安三
警官 鈴木和夫
警官 加藤春哉
警官 人見明
警官 青島幸男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > クレージーの怪盗ジバコ