映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 博奕打ち 不死身の勝負

「博奕打ち 一匹竜」のコンビの小沢茂弘高田宏治が共同でシナリオを執筆し、小沢茂弘が監督した“博奕打ち”シリーズ第三作目。撮影は「兄弟仁義 続・関東三兄弟」の山岸長樹

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かつては隆盛を誇った筑豊炭田も、昭和初期になると安価な撫順炭に押されて不景気に追い込まれていた。鉱主は賃下げや運賃の予算縮小でこの不況打開を計った。それに反発した若松の花村海運の女社長スギは、鉱主の一人石島の暴力を受けたが、ちょうど居合せた常太郎に助けられた。彼は“爆弾常”の異名をとる博奕打ちで、鉱主たちの開く賭場に来ていた。常太郎の気っぷに惚れたスギは番頭格の宮田と義兄弟の盃を交させ、身内に加えた。しかし、博奕好きの常太郎は、鉱主の荒尾に大金を借りたため、金を返すまでという約束で荒尾の仕事をすることになった。常太郎の采配で荒尾炭坑の出炭量が増したが、それを快く思わない納屋頭谷口に喧嘩を売られ、荒尾とその娘アヤに止められた。これが原因で、谷口は石島の許に走った。これを見た石島は、荒尾が取引先の阪神製鉄の借金を即刻返済するか、アヤを阪神製鉄社長の息子の嫁にするかどちらかを選べと、自から代理人となって膝詰談判をした。そんな時、突然宮田が常太郎を訪ねてきた。石島が運賃を払わないというのだ。その上、そこで博奕をやり、借金をしてしまったのだ。常太郎は謝りにいって悽惨な制裁を受けた。この場は荒尾が金でおさめてくれたが、石島と荒尾の間は険悪になってしまった。そこで、荒尾は阪神製鉄の借金を返すため、石島とさしで博奕の勝負を挑んだが、炭坑の発掘権まで失い、自らの手で命を断った。常太郎は荒尾の通夜の日、葬い合戦とばかり石島と向い、炭坑を賭けてサイコロをふった。勝負は常太郎の勝だったが、石島は子分と共に常太郎に斬りつけてきた。常太郎は乱闘の末、石島を斬り、駆けつけたアヤに炭坑の権利書を渡すと、警官にひかれていった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1967年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 俊藤浩滋橋本慶一
脚本 小沢茂弘高田宏治
監督 小沢茂弘
撮影 山岸長樹
音楽 渡辺宙明
美術 大門恒夫
照明 増田悦章
録音 野津裕男
スチール 中山健司
編集 堀池幸三

キャスト

朝倉常太郎 鶴田浩二
荒尾亀之助 石山健二郎
荒尾アヤ 橘ますみ
花村スギ 木暮実千代
石島嘉市 若山富三郎
宮田春次 待田京介
赤間虎吉 小松方正
筧野義夫 藤山寛美
藤原正人 千葉蝶三郎
野村竹二郎 植村謙二郎
小柳要一 村居京之輔
矢野国年 蓑和田良太
大星昇 汐路章
玄海次郎 結城哲也
塩屋弥七 江幡高志
塩屋しず 牧淳子
字佐の赤鼻 丘路干
鮫辰 志賀勝
雁安 野口泉
多久平 平沢彰
サイモン松 人見きよし
谷口久五郎 関山耕司
忠孝政 阿波地大輔
唐津の徳 木谷邦臣
雷山光三 高並功
相良清松 西田良
河田実 宮城幸生
仙造 国一太郎
金作 小島慶四郎
鉱夫 若水淳
中田警部 唐沢民賢
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 博奕打ち 不死身の勝負