拳銃は俺のパスポート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

拳銃は俺のパスポート

1967年2月4日公開,84分
  • 上映館を探す

藤原審爾の原作『逃亡者』を、「帰らざる波止場」の山田信夫と永原秀一が共同で脚色し、「暗黒航路」の野村孝が監督したアクションもの。撮影はコンビの峰重義。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大田原組と島津組は横浜を根城に勢力を争っていた。殺し屋の上村が相棒の塩崎と共に横浜に現われたのは、大田原から頼まれて島津を暗殺するためである。綿密な計画と確かな腕を持つ上村は、ある日、マンションの屋上からライフルで島津を射殺した。上村は直ちに凶器を始末し、塩崎と車に乗ると、羽田空港に向った。高飛びするためである。しかし島津組も黙ってはいず、二人は脱出寸前のところで捕われてしまった。だが、塩崎の機転で逃亡に成功した上村は、大田原の秘書金子の指示で、大田原組傘下の津川組に逃げ込んだ。ところが、それと知った島津組二代目が上村たちのいる渚館を取り囲んだため、脱出は不可能となった。そんな時、上村は渚館のウェイトレス美奈と知り合ったが、美奈は水上生活者からはいあがった薄幸の女で、上村は彼女の暗い面影に惹かれていった。美奈がダルマ船に食事の配達に行くことを知った上村は、ダルマ船で脱出することを計画し、船長を口説き落した。しかし、その頃、塩崎は津川に殺されていた。大田原は上村たちが厄介になり、島津組と手を組んだのだった。島津組はその代償に、マフィア団との密輸交渉権を大田原に譲った。塩崎の死と大田原の裏切りを知った上村は怒り狂い、必死にとめようとする美奈を振り切って、三組の待つ埋立地に向った。上村は手製の時限爆弾を手に持っていた。ちょうど夜が明けようとする時刻、殺し屋や大田原、島津組二代目、津川を乗せたベンツが、上村に向って疾走してきた。しかし、上村ははねとばされながらも、強磁力の時限爆弾を投げつけた。そして数秒後、ベンツはふっ飛んだが、上村は、朝日が昇りはじめた埋立地を、虚し気に去っていった。

作品データ

製作年
1967年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • たっかん

    3
    2016/6/4

    「ある殺し屋」(といっても、あの市川雷蔵のような迫力はない)を宍戸錠が演じ、舎弟にジェリー藤尾、そして宿屋の女として綺麗な小林千登勢を配した結構よく出来たハードボイルドタッチの映画。

    警備が厳重な島津組の組長(アラカン)を射殺するために雇われた殺し屋(宍戸錠)は、凄腕の殺し屋であり、見事な仕事をする。
    しかし、実行後、エアフランスで海外逃亡する事が島津組に伝わっており、空港で逃亡は出来なくなる。→ここの物語展開で「なぜ、海外逃亡するのが敵側に漏れたのか???」が非常に疑問。

    そして、仕方なく、横浜の宿「なぎさ館」に行くと、小林千登勢が居る。
    →ここで、また不思議なのが、敵側が「あいつらは、なぎさ館だ!」と宿まで特定できているってなぜだろう??? これまた、非常に疑問。

    「女はダルマ船で生まれた女」とのセリフ、ダルマ船って時代を表現している。

    ただ、この映画、カメラが凄く良くて、上手く撮っているのが分かる。素晴らしい。
    物語の展開に若干の難があるものの、なかなか良い日活映画であった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告