映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本侠客伝 白刃の盃

「任侠柔一代」の中島貞夫と「兄弟仁義」の鈴木則文が共同で脚色し、マキノ雅弘が監督を担当した“日本侠客伝”シリーズ第六作目。撮影は「怪竜大決戦」のわし尾元也

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

千葉県銚子の博徒外川一家は、親分の死後解散して、若親分正一郎を助け堅気な運送業を始め、順調に繁昌していった。ところがもと一家の幹部であった根占も新しく運送業を開業、ことあるごとに外川運送と衝突していた。その頃、東京からぶらりと流れてきた宿なしの大多喜が、外川運送で働くことになった。彼は一家の、人の好い仲間や、もと外川組の代貸江夏やけなげなその妻澄子、長男の一男などと触れ合って美しい人情に感動した。それに反し悪らつな根占は合併という口実で外川運送を乗っとろうと企み、策を弄して運送業を独占しようとした。ある時根占はキャバレーのホステス夢子に入れあげている外川運送の芳造を脅迫して身内に引き込み、外川方のトラックを転覆させ、運転手まで死亡させてしまった。しかし正一郎は博徒から足を洗ったからには暴力で復讐してはならないと、根占の無法ぶりに耐えた。更に好色な根占は、江夏の妻澄子まで犯し、彼女は自殺してしまった。怒り心頭に達した江夏は、やはりもと外川組の幹部で、今は料亭の調理士をやっている大五郎と組んで、根占に斬りこんだが、多勢に無勢逆に斬り殺されてしまった。こんなドサクサの続いたある日、正一郎は大多喜を呼んで東京に戻るように勧めたが、正一郎が単身殴り込んでいく決心を言外に知った大多喜は、直ちに部屋にあった大槍をかかえて飛出した。彼は根占の暴挙に耐えてきた正一郎の意志を貫かせてやろうと必死だった。大多喜はトラックのガソリンを床一面にまき、火をつけたと思うや突きまくり、斬りまくっての死闘を展開し、根占を倒したのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1967年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

大喜多俊二 高倉健
外川正一郎 菅原謙二
外川頼子 三島ゆり子
石観音芳造 長門裕之
波太千吉 小林勝彦
法華の音松 砂塚秀夫
臼井庄平 林彰太郎
国分兼郎 植村謙二郎
留吉 汐見洋
大林寺大五郎 伴淳三郎
大林弓子 藤純子
根占揆一 天津敏
開聞 楠本健二
寒川 永山一夫
須田 加藤浩
夢子 宮園純子
とよ子 小島慶子
政二郎 原健策
仁科 清水元
あかね 新城みち子
女中 山中みな子
塩原 中村錦司
山上 浪花五郎
△田(山田) 熊谷武
丸一 島田秀雄
つるやのおかみ 鳳信子
巡査部長 那須伸太朗
巡査 疋田圀男
魚河岸係員 前田良三
戸川先代 内田朝雄
江夏勝己 大木実
江夏澄江 松尾嘉代
江夏一男 小池修一
網甚 香川良介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本侠客伝 白刃の盃