TOP > 上映中の映画作品を探す > 夜の罠

コーネル・ウールリッチの推理小説「黒い天使」を、「兵隊やくざ大脱走」の舟橋和郎が脚色し、「愛の手紙は幾歳月」の富本壮吉が監督したミステリー。撮影は「処女受胎」の小原譲治

4/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

真鍋藍子は信じていた夫、赫也の浮気を知って愕然とした。激しい嫉妬にかられ彼女は女のアパートを訪ねた。女の名は戸川麻美といった。麻美は留守だった……。藍子が憑かれたように部屋に入った時、電話が鳴った。電話の主は夫だった。藍子が奥の部屋で麻美の死体を発見したのはこの直後だった。夫の名がのっていた麻美の手帖を持つと藍子は一目散にアパートを立去った。直ぐ夫の会社へ電話をいれたが夫は留守だった。その日の夕方藍子は刑事につきそわれた夫を迎えねばならなかった。しかもアパートにかかってきた電話はアリバイにはならないというのだ。無実を叫ぶ夫の姿に今では嫉妬も消え失せ藍子は自分の力で真犯人を探し出そうと決心するのだった。麻美の男関係ののっている手帖を手がかりに、クサイと思われる四人にかたはしから電話をかけ、訪ねていった。まず松谷、麻美のかつての恋人で、今はアル中で山谷に住んでいた。が、藍子はシロとふんだ。次の男森戸は、麻美とは麻薬の密売をやっていた間柄だ。た。さて三番目の男馬場はある会社のサラリーマンで、麻美にかくしての社長の娘との結婚ばなしがバレ、麻美に脅迫されていた。その直後に麻美は殺されたのだった。最後の男林はキャバレーの経営者だった。ここで藍子は意外な事実を知った。麻薬密売に関し、森戸--林--麻美という線が浮び上ったのだ。こうして藍子は四人の男に巧妙な罠をかけながら近づいていった。もはやこの四人の中の誰かが真犯人であることは疑う余地はなかった。中でも藍子は馬場に一番のひっかかりを感じるのだった。果たしてある日、自ら藍子の前に現われた馬場が真犯人だったのである。

作品データ

製作年 1967年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

真鍋藍子 若尾文子
真鍋赫也 高橋昌也
松谷敏郎 成瀬昌彦
森戸次郎 南原宏治
馬場慎太郎 船越英二
林文吉 早川雄三
野口警部補 上野山功一
義兄 夏木章
絹子 天池仁美
戸川麻美 光実千代
大塚弁護士 伊東光一
岩井 仲村隆
木部 谷謙一
寺岡 井上大吾
看護婦 藍三千子
飲み屋の女将 岡崎夏子
ドヤの主人 伊達正
ドヤDの小母さん 橘喜久子
食堂の客A 小杉光史
食堂の客B 志保京助
食堂の客C 今井荘一郎
探偵事務所所長 小原利之
日東工機女事務員 池上綾子
給与係 武江義雄
大阪支社社員 木島進介
刑事一 酒井三郎
刑事二 山根圭一郎
刑事三 荒木康夫
刑事四 原田該
看守 喜多大八
下宿の小母さん 村田扶実子
質屋 南方伸夫
検事 丸山修
労務者A 三夏伸
労務者B 後藤武彦
労務者C 中川邦彦

レビュー

強引な展開だが面白かった

投稿者:たっかん

(投稿日:2013/5/2)

2013年5月2日、ラピュタ阿佐ヶ谷で鑑賞。(19:00~の…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 夜の罠