映画-Movie Walker > 作品を探す > 兵隊やくざ大脱走

有馬頼義が文芸春秋に連載した「貴三郎一代」を、「殺人者」の舟橋和郎が脚色し、「脂のしたたり」の田中徳三が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第五作目。撮影は「座頭市海を渡る」の武田千吉郎

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

太平洋戦争も戦局は日本にとって決定的に不利で、終戦は目前だった。北満の国境を固める朝倉部隊もソ連の大軍を迎えて玉砕の覚悟を決めていたが、そんな時も時、この部隊に転属してきたのが大宮二等兵と有田上等兵である。玉砕する気持ちなどさらさらない二人は、古兵や下士官との間にいざこざを起しながらソ連軍の攻撃を待っていたが、ある夜、大宮は慰問団とはぐれた親娘、笹原と弥生を助けた。女に飢えている兵隊たちは弥生に貪欲な目を向けたが、女好きの大宮も例外ではなく、有田は一悶着起りそうだと予感した。案の定、狡猾な手段で弥生を手篭にしようとした木部准尉黒沼、野辺地軍曹を、大宮はさんざん叩きのめしたが、翌日、木部たちのリンチにあって大宮は危うく殺されそうになった。そんな大宮に弥生は身体を許してもいいと言うが、何故か大宮は抱けなかった。有田がからかうと、大宮は弥生が初恋の女に似ていると言う。やがて笹原親娘を護送して神武屯へ行った大宮が帰ってみると朝倉部隊は全滅していた。有田だけが奇蹟的に生きていて、二人は将校に化けると柳田部隊にもぐり込んだ。そこでも玉砕気分が漲っていたが、初めて部下を持った大宮は玉砕よりは昼寝の方がましだというので、兵隊たちの間で人気がある。そんな大宮も開拓団の女子供がゲリラに囲まれていると知ってトラック一台を強引に借り出すと有田と共に救出に向った。その中には歩兵に化けた青柳憲兵軍曹がいて、大宮の邪魔をするが、青柳も大宮の義侠心に負けて、二人の間に初めて友情らしいものが芽生えた。やがて避難民を連れて馬廠に向う強行軍が始まった。途中ゲリラの襲撃にあって射たれた青柳は、大宮と有田に笑顔を見せて死んでいったが、目ざす馬廠は間もなくである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 田中徳三
原作 有馬頼義
脚色 舟橋和郎
企画 久保寺生郎
撮影 武田千吉郎
音楽 鏑木創
美術 内藤昭
編集 山田弘
録音 大角正夫
スチル 小山田輝男
照明 古谷賢次

キャスト

大宮貴三郎 勝新太郎
弥生 安田道代
青柳 成田三樹夫
有田 田村高廣
笹原 南都雄二
当番兵(一) 芦屋雁之助
当番兵(二) 芦屋小雁
野辺地軍曹 千波丈太郎
黒沼軍曹 五味龍太郎
木部准尉 北城寿太郎
朝倉中尉 仲村隆
川部上等兵 伊達三郎
柳田大尉 内田朝雄
長谷上等兵 藤山浩二
開拓団の男 寺島雄作
村上一等兵 橋本力
高木伍長 堀北幸夫
佐伯伍長 木村玄
佐藤兵長 勝村淳
清島見習士官 平泉征
母親 小柳圭子
下士官 浜田雄史
後藤一等兵 志賀明
兵D 大林一夫
兵A 山岡鋭二郎
石坂一等兵 薮内武司
室井上等兵 竹内春義
片岡上等兵 上原寛二
歩哨 松田剛武
兵B 黒木英男
早川上等兵 伴勇太郎
避難民の女 戸村昌子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 兵隊やくざ大脱走