TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛と死の記録

民芸の大橋喜一小林吉男が共同で脚本を執筆、「愛の渇き」の蔵原惟繕が監督した純愛もの。撮影は「涙くんさよなら」の姫田真佐久

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある朝、松井和江は勤め先の楽器店の前で、危うくオートバイにはねられそうになり、持っているレコードを割ってしまった。そのオートバイに乗っていたのが印刷会社に勤める三原幸雄であった。その事件を機にふたりは急速に近づいていった。そして毎日のように会った。しかし幸雄の親がわりになっている製版班長の岩井は幸雄の恋を知って深刻な表情になった。幸雄は四歳の時被爆し、両親を失った。苛酷な運命を忘れかけた頃、突然幸雄は発病して原爆病院へ入院したが、四カ月で回復、それを機会に岩井の世話で内外印刷に入ったのだった。しかしいつまた発病するかわからなかった。ある日幸雄が作業中に貧血で倒れた。ついに来るものがきたという感じであった。その夜の幸雄は和江にはまるで別人のように見えた。幸雄は放心したように別れを告げると走り去ってしまった。数日後、幸雄は平和公園で和江に自分の運命を語った。しかし和江は熱愛の眼差しで励ますのだった。幸雄の入院中も和江は幸雄の回復を信じて毎日看病に通った。全快を祈って黙々と千羽鶴を折る和江をよそに、幸雄の病状は悪化するばかりであった。そして八月末幸雄は死んだ。悲しみにくれる和江は、被爆者の病院長や、両親から早く幸雄を忘れて新しい幸福を見つけるように慰められた。和江は数日すると、なぜか見違えるように明るくなった。和江は幸雄とはじめて会った日に行った喫茶店「ばんび」で置物のばんびを貰うと、それを病院へ贈った。その裏側には、幸雄と和江の名前が並んで書かれてあった。和江が幸雄の後を追ったのはそれから間もなくのことであった。

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 大塚和
脚本 大橋喜一小林吉男
監督 蔵原惟繕
撮影 姫田真佐久
音楽 黛敏郎
美術 大鶴泰弘
照明 岩木保夫
録音 紅谷愃一
スチール 目黒祐司
編集 丹治睦夫

キャスト

三原幸雄 渡哲也
松井和江 吉永小百合
藤井 中尾彬
ふみ子 浜川智子
岩井 佐野浅夫
病院長 滝沢修
和江の兄 垂水悟郎
和江の母 三崎千恵子
和江の義姉 鏑木はるな
近所の娘 芦川いづみ
看護婦長 漆沢政子
患者A 日野道夫
患者B 河瀬正敏
恩師 宇野重吉
看護婦 萩原光子

レビュー

ドキュメンタリー的手法を用いた蔵原惟繕の野心作

投稿者:くうぱあじゅにあ

(投稿日:2015/2/9)

吉永小百合と渡哲也が初共演した純愛映画だが原爆症の悲劇が主題…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛と死の記録