TOP > 映画作品を探す > 新・事件記者 殺意の丘

島田一男の原作を「雨の中の二人」の高橋二三と前作「新・事件記者 大都会の罠」の監督井上和男が共同で脚色し、井上和男が監督した「新・事件記者シリーズ」の二作目。撮影はコンビの村井博

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京郊外の分譲地。そこの一軒の焼跡から男三人・女三人の死体が発見された。捜査一課は南多摩署に本部を設置。おなじみ事件記者・桜田クラブの面々も現地に飛んだ。他殺か事故死か無理心中か?被害者の身許が割れた。家の持主鬼頭、バーのマダム百合子、そこの女給鈴子、酒屋の主人長沢、麻雀屋の支配人大岡、保険の外交員佐々木あやの六人だ。鑑識検査から、現場に残った足跡はドライブ・シューズ。解剖所見から六人は火災以前に既に死亡していたと分った。早速、六人を郊外まで送った運転手、藤田、富永の二人が、参考人として喚問された。その結果、藤田はかつてこの土地で不動産業を営んでいたが、鬼頭に乗っ取られた過去があり、その上、六人を送った夜、藤田は富永と別行動を取っていた。しかも、足跡と一致するドライブ・シューズも押収された。しかし、彼にはアリバイが成立し、釈放された。同僚の富永には問題がなく、水虫のためドライブ・シューズがはけないとあってこれも釈放された。日報新聞は、保険金にからむ殺人事件を考慮、佐々木あやの線を追った。だが、保険契約完了の領収書が、鬼頭の妻しげにも渡っていず、六人と共に焼けてしまっては、これは白だった。バーのマダム百合子、ホステス鈴子も徹底的に洗われたが怪しい線が出てこなかった。酒屋の長沢も不審は認められず、麻雀屋の大岡は以前やくざだった以外、何も出なかった。そんなうちに、科研からドライブシューズに××薬が多量に検出されたと報告が入った。××薬は水虫の特効薬だ。捜査陣は運転手の富永を逮捕した。富永は大岡から金を借りていて、その返済に窮したための犯行と分った。

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 金原文雄奥田喜久丸
原作 島田一男
脚色 高橋二三井上和男
監督 井上和男
撮影 村井博
音楽 渡辺岳夫
美術 小島基司
照明 今泉千仭
録音 神蔵昇
スチール 中山章
編集 諏訪三千男

キャスト

相沢キャップ 永井智雄
八田老 大森義夫
長谷部記者 原保美
伊那記者 滝田裕介
山崎記者 園井啓介
浅野記者 綾川香
辻キャメラマン 北浦昭義
熊田キャップ 外野村晋
青海記者 前田昌明
坂本記者 伊藤正博
浦瀬キャップ 高城淳一
岩見記者 山田吾一
白石記者 近藤洋介
国分記者 谷沢裕之
鶴岡キャップ 中原成男
亀田記者 守田比呂也
遠山記者 石井淳
光子 八木千枝
原キャメラマン 原精次
須賀記者 須賀了輔
おちかさん 坪内美詠子
菜名子 藤田典子
田川 清水元
ウェイトレス 宮裕子
捜査一課長 高島敏郎
村田部長刑事 宮阪将嘉
山本部長刑事 野口元夫
遠藤刑事 藤岡重慶
湯浅主任 館敬介
鳥貝刑事 木下秀雄
石川六造 芦田伸介
石川信子 大空真弓
藤田運転手 富田仲次郎
富永運転手 福田豊土
富永菊枝 瞳麗子
配車係 矢野宣
橋本署長 永田靖
中野刑事 中里賢二郎
代田刑事 北代絢
工藤刑事 梅津栄
阿部刑事 三鬼濁
中原課長 稲葉義男
菅井室長 松本克平
鬼頭社長 伊沢一郎
しげ子夫人 三戸部スエ
佐々木あや 平松淑美
光枝 松尾嘉代
しのぶ 赤沢あさ子
宮下百合子 阿部百合子
バーテン 稲吉靖
小川鈴子 金子勝美
おたか 岩倉高子
松下 東けんじ
岡島二 宮城けんじ
人事課員 浜田寅彦
女の先生 菅井きん
農協の役人 藤田啓二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 新・事件記者 殺意の丘