TOP > 映画作品を探す > 新・事件記者 大都会の罠

島田一男の原作を「暗黒街全滅作戦」の石松愛弘が脚色し「喜劇 各駅停車」の井上和男が監督した記者もの。撮影は「侍」の村井博

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

Qポン飲料主催の歌まつり会場で、招待客の一人がQポン飲料を飲んで死亡、多数が中毒になった。死亡したBG桂けい子の妹冬子が姉の死に取り乱しているのを助けたのは、日報の記者スケやんこと寺井記者だった。冬子にとってはたった一人の肉親の死だったのだ。スケやんは冬子をいたわって、色々話をしているうちに、けい子がガイドクラブに所属していた事を知った。スケやんは事件の鍵はこの線にあるとにらみ、ガイドクラブの会計係で美校生の街頭画家野村に会った。そして、秘密を守ることを条件にけい子が連れてきた二人の男を聞き出した。その中の一人は、Qポン飲料のライバルスリーム食品の研究所主任矢野だった。間もなく矢野は逮捕されたが頑強に犯行を否認した。ところがQポン工事の作業員小川が、矢野に頼まれて飲料の中に毒物を入れたと自供した。当然、矢野とけい子の関係が暴露記事にされた。それを苦にした冬子はガス自殺を図ったが、中央日日のガンさんこと岩見記者に救われた。一方、野村がパリに行くことを知ったスケやんは、留学資金の出所に疑念を抱いた。野村に訊きただしても満足な答は得られなかった。その翌朝、野村は死体となって発見された。スケやんは事件の原因は激しい企業間の競争であり、Qポン飲料の社長牧村がこの事件の黒幕ではないかとにらんだ。牧村社長に会ったスケやんが、犯人はあなただ、とカマをかけたところ、牧村の顔に狼狽の色が浮んだ。その頃、警察の執拗な追求に耐えられず、小川が遂に自供を翻した。パテント裁判で不利になった牧村が、相手会社のスリーム食品を陥入れるためにやったというのだった。警察はすぐさま、牧村逮捕に向かった。そして、牧村に殺されかけたスケやんを救い、牧村を逮捕した。熾烈な企業戦争を悪らつな手段で勝ち抜こうとした牧村の野望はみじんに砕かれたのだった。

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 金原文雄奥田喜久丸
原作 島田一男
脚色 石松愛弘
監督 井上和男
撮影 村井博
音楽 渡辺岳夫
美術 小島基司
照明 今泉千仭
録音 神蔵昇
スチール 中山章
編集 諏訪三千男

キャスト

相沢キャップ 永井智雄
長谷部記者 原保美
伊那記者 滝田裕介
山崎記者 園井啓介
寺井記者 三上真一郎
八田老人 大森義夫
須賀記者 須賀了輔
原キャメラマン 原精次
熊田キャップ 外野村晋
青海記者 前田昌明
坂本記者 伊藤正博
浦瀬キャップ 高城淳一
岩見記者 山田吾一
白石記者 近藤洋介
国分記者 谷沢裕之
鶴岡キャップ 中原成男
亀田記者 守田比呂也
遠山記者 石井淳
お近 坪内美詠子
菜名子 藤田典子
田川 清水元
信子 宮裕子
光子 八木千枝
捜査一課長 高島敏郎
山本部長刑事 野口元夫
村田部長刑事 宮阪将嘉
遠藤刑事 藤岡重慶
鳥貝刑事 木下秀雄
湯浅主任 館敬介
君原まち子 栗原すみ子
桂冬子 大空真弓
矢野浩三 平田昭彦
藤崎秀雄 松本染升
小川次郎 川辺久造
牧村 金子信雄
野村精一 山本學
大田正三郎 富田仲次郎
正三郎の妻政江 三戸部スエ
営業局長 佐々木孝丸
社会部長 秋月竜
秋田レイ子 富士里美
お内儀さん 若水ヤエ子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 新・事件記者 大都会の罠