映画-Movie Walker > 作品を探す > あばずれ(1966)

「暗黒街仁義」の渡辺祐介と「ジェリーの森の石松」の神波史男が共同でシナリオを執筆、渡辺祐介が自ら監督した風俗もの。撮影は「冷飯とおさんとちゃん」の飯村雅彦

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鋳物工場の立並ぶ埼玉県川口市、荒川放水路脇の貧民街。そこのベッドハウスに住む松永ユキは罐詰工場に通いながら、酒びたりの父親民三とバクチに明け暮れる弟ケンジを養っていた。そんなユキを、隣人の焼芋屋のオヤジ遠見源造は暖い眼で見守り、彼が空中ブランコのスターとして華やかに過した若かりし頃の想い出話をユキに聞かせるのだった。こうしてユキは次第にサーカスを夢見るようになった。が、そんなある日、ユキは民三がベッドに住む後家と深い仲になって子供をはらませたことを知った。このことがあって以来、父民三に嫌気がさしたユキは、以前源造爺さんから聞いたノグチ・サーカス一座を訪ね、強引に団長野口辰五郎を口説きおとして、一座に仲間入りした。ところが、この一座の花形ブランコ乗り梅村哲次は、大変な好色漢で、仲間の猛獣使い山本文造の妻洋子と関係をもつ一方、ユキにも色眼を使いだした。が、こんな哲次の姿を面白く想わないのは、数年前父のブランコでの事故死によってブランコ乗りをやめていた矢代三郎だ。三郎は、ユキに密かな想いをよせていたのだ。やがて、三郎はユキのために再びブランコに乗る決心をした。ユキと共にブランコの練習に励む三郎の顔は、明るかった。そんな三郎にユキも次第に心魅かれ、二人の間にはいつしか恋が芽生えていった。ところがそれもつかの間、ある日ユキは哲次に無理矢理に犯されてしまった。ユキはやがて妊娠し、三郎は哲次を刺すと、そのまま姿をくらましてしまった。ユキも三郎を追って街をさまよい、ある日街のバーで、今は愚連隊に身をやつしている三郎に会った。その後二人は久しぶりの甘い陶酔に浸った。が、翌日三郎の今の兄貴分が、ユキに客をとらせろと迫った。三郎はこれに反抗し、乱闘の未、刺されて息絶えてしまった。今は夢も消えはて、しょんぼりとベッド・ハウスにもどって来たユキを暖かく迎えてくれたのは、あの源造爺一人であった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渡辺祐介
脚本 渡辺祐介神波史男
企画 秋田亨
撮影 飯村雅彦
音楽 木下忠司
美術 森幹男
編集 長沢嘉樹
録音 広上益弘
スチール 遠藤努
照明 桑名史郎

キャスト

松永ユキ 緑魔子
矢代三郎 山本豊三
野口辰五郎 志村喬
梅村哲次 待田京介
松本浩助 潮健児
山本文造 相馬剛三
村上 沢彰謙
喜助 小林稔侍
良介 大前均
一公 須賀良
モヨ 浪花千栄子
山本洋子 加茂良子
野口カネ 檜有子
野口芳江 二宮恵子
ハル 五月女マリ
丸子 佐々木伊都子
露子 水野由美子
銀子 小笠原慶子
速見源造 大坂志郎
松永民三 河合絃司
松永ケンジ 白井武雄
金山 佐藤晟也
上杉サダ 中北千枝子
チエ 小甲登枝恵
イク 東百合子
ヨシ 谷本小代子
セツ 志麻ひろ子
キクノ 田沼瑠美子
松子 樋口かずみ
看護婦 竹村清女
仙波 八名信夫
チンピラA 伊達弘
チンピラB 原信夫
年増のチンドン屋 若水ヤエ子
ホステスA 日吉順子
ホステスB 天野世津子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > あばずれ(1966)