映画-Movie Walker > 作品を探す > 昭和最大の顔役

「関東果し状」の村尾昭が脚本を執筆、「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」の佐伯清が監督したアクションもの。撮影は「無頼漢仁義」の星島一郎

3/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和二十七年、関西の藤政組と関東の大嶋組が、日本を二分する形で対立していた。そんななかで、藤政組組長政五郎は、東京からの帰途、車中で刺客に殺された。終戦の混乱から立ち直りつつある今、関東、関西とことを分けて対立している時ではないという政五郎の信念から、藤政組は羽根木飛行場拡張工事を引き受け、東京進出を計っていたのだが、これを心よしとしない大嶋組の打った手であることは明白であった。これを怒った藤政組三羽烏の一人勝又は、仇討ちに単身大嶋組に乗り込んで殺された。病床でこれを知った藤政は、三羽烏の一人島津のドスをとって手拭で封印し、藤政組の命は工事であるとさとして息をひきとった。折から政五郎の一の乾分緒形が出所して来たが、緒形は、島津に藤政組の二代目をゆずり、親分の遺言に従って、命を張って工事をすすめるため東京に向った。--それから十三年の月日がながれ、緒形の努力が実り藤政組は、全国に傘下二五〇団体、組員五千人を持つ大世帯になった。が、一方の大嶋組も関東春秋会を結成して、藤政に匹敵する勢力を持っていた。折も折、羽根木飛行場の移転が霞ケ浦に決り、その工事を藤政組か、関東春秋会かの一つが請負ことになった。拡張工事の折に煮湯をのまされた大嶋は指名を得るためには手段を選ばなかった。そんなとき、水戸の四代目を襲名した勝又の遺児修一が、恋人玲子と婚約した。ところが、玲子は大嶋の隠し子であった。これを知った修一は婚約を破棄し、玲子は自殺し、さらに修一も大嶋の手にかかって殺された。そしてこれを知り、単身春秋会に乗り込んだ島津も大嶋の手で殺された。さすがの緒形も、こんな大嶋の数数の悪業に勘忍袋の緒をきり、恋人香苗と別れ、自分の戒名を書いた位牌を懐に、大嶋組のアジトに乗りこんだ。政五郎形見のドスはうなり緒形は大嶋を刺した。が、緒形も力つき、警視庁への電話を最後にこときれるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 佐伯清
脚本 村尾昭
企画 俊藤浩滋矢部恒
撮影 星島一郎
音楽 木下忠司
美術 藤田博
編集 田中修
録音 小松忠之
スチル 田中真紀夫
照明 梅谷茂

キャスト

緒形直治 鶴田浩二
島津玄一郎 丹波哲郎
勝又修一 梅宮辰夫
藤井政五郎 内田朝雄
竹村香苗 久保菜穂子
三谷謙次 アイ・ジョージ
辰巳銀次郎 志村喬
三田村正義 芦田伸介
大嶋造 伊藤雄之助
日下進 曽根晴美
河井玲子 大原麗子
吉岡竜雄 佐藤京一
重松源三郎 深見泰三
高山剛造 久保一
沖田時男 内藤正
増川伊佐吉 富田仲次郎
浦辺敬三 山本麟一
吉村幸吉 関山耕司
岩間鋭三 名和宏
引地松男 大前均
杉本勇 杉義一
橘五郎 大村文武
山上誠 織本順吉
根本真平 岡部正純
松宮徹 蓑和田良太
石田貞男 滝島孝二
河野陽一 山之内修
金子登 田川恒夫
黒田竜太郎 天草四郎
島津洋子 藤田佳子
熊谷警部 河合絃司
水谷刑事 潮健児
三谷きみ 桧侑子
河井貞代 利根はる恵
池松 佐藤最也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 昭和最大の顔役