TOP > 上映中の映画作品を探す > 俺にさわると危ないぜ

都筑道夫の“三重露出”を「黒い賭博師 ダイスで殺せ」の中西隆三と都筑道夫が共同で脚色、新人長谷部安春が監督したアクションもの。撮影は「賭場の牝猫 素肌の壷振り」の永塚一栄

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベトナム戦線から休暇を利用して日本へ帰って来たカメラマン本堂大介は、スチュワーデス沢之内ヨリ子を誘ってナイトクラブへやって来た。だが踊りの最中、ヨリ子は何者かにさらわれ、その一味と思われる外国人ロペスは突然現われた三人組ヨシ江、キク江、ハル江にとりまかれ刺殺された。さらに事件の目撃者本堂は、三人に襲われ、殺人犯にしたてられたが、外国人記者ビル・ソマーズに助け出された。忍法老人百地百斎の家に下宿して、ヨリ子捜しにのり出した本堂は、ヨリ子の叔父岡田の知らせで、ヨリ子のアパートを訪ねたが、そこにはロペス一味が待ち受け、本堂にピストルをつきつけた。だが危ういところでブラック・タイツ嬢アキ子によって救われた。その晩本堂は三人のブラック・タイツ嬢に襲われたがガス弾で難をのがれた。その頃、ヨリ子の叔父岡田もブラック・タイツたちに殺されていた。しつこくロペス一味に狙われた本堂だが、遂にヨリ子が深夜の路上で発見され、百地老人の家にかくまわれた。ヨリ子の父沢之内は戦時中沖縄の陸軍参謀をつとめていたが、終戦時、莫大な金塊を持ち帰り、それをめぐって沢之内の部下らが動き出していた。ブラック・タイツの沖縄娘はこの金塊を取戻そうとやつきになっていたのだ。やがて本堂は、ヨリ子のアパートから沢之内の日記をみつけるがロペス一味に奪われてしまった。そのうえ、ヨリ子も本堂も外国人グループにさらわれ、金塊のかくし場所について拷問を受けた。ブラック・タイツの協力を得た本堂は、悪戦苦闘の末、アキ子とともに危機を脱した。そして本堂はアキ子と金塊の島、湖島へ向い、沢之内の別荘へ乗り込んだ。だがそこにいたのは、味方であるはずの外国人記者ビル・ソマーズであった。外国人グループの首謀者こそビルだったのだ。怒りに狂ったアキ子は、ナイフをかざしてビルに立ちむかい相射ちして死んでいった。まもなく警官たちあいのもと、古金庫が開けられた。だが中には十億円はおろか、百円紙幣がぎっしりつまっていた。ブラック・タイツ嬢の犠牲を払った金塊事件は、これで終った。本堂大介はまたベトナムへと向って発った。

作品データ

原題 Black-Tight Killers
製作年 1966年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 浅田健三
原作 都筑道夫
脚色 中西隆三都筑道夫
監督 長谷部安春
撮影 永塚一栄
音楽 山本直純
美術 佐谷晃能
照明 三尾三郎
録音 橋本文雄
スチル 式田高一
編集 鈴木晄

キャスト

本堂大介 小林旭
沢之内ヨリ子 松原智恵子
アキ子 北あけみ
ナツ子 浜川智子
フユ子 西尾三枝子
ヨシ江 加茂こずえ
キク江 可能かづ子
ハル江 斎藤和子
百地 左卜全
ビル・ソマーズ アーツ・ヘージ
ロベス ペドロ・フェルナンデス
岡田 二本柳寛
男一 玉村駿太郎
男二 柴田新三
神崎 森塚敏
サブ 郷英治
男A 野呂圭介
男B 晴海勇三
男C 田畑善彦
遠山警部 高品格
刑事A 久遠利三
刑事B 小柴隆
ヌードモデル 若葉めぐみ
女ゲリラ兵 進千賀子
音楽喫茶の支配人 野村隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 俺にさわると危ないぜ