TOP > 上映中の映画作品を探す > キャプテン・シンドバッド

アラビアンナイトに取材し、サミュエル・B・ウェストとハリー ・リリスが共同で脚本を書き、「機甲兵団」のバイロン・ハスキンが演出したアクションドラマ。「怪獣ゴルゴ」のトム・ハワードの特撮、撮影監督はグンター・ゼンフトレーベン、音楽は「妖姫クレオパトラ」のミシェル・ミシュレ、出演者はTV「快傑ゾロ」のガイ・ウィリアムス、「教室を出たら大人」のハイディ・ブルール、「逃亡者(1947)」のペドロ・アルメンダリス、「ボワニー分岐点」のエイブラハム・ソフィア、「四時の悪魔」のバーニー・ハミルトンら。

5/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

シンドバッド(ガイ・ウィリアムス)が長い航海を終えて帰国したとき、カリムに国を乗っとられていた。彼は部下と城に忍び込み、婚約の間柄のプリンセス・ジェーナ(ハイディ・ブリュール)を救おうとしたが彼女は高い塔に閉じ込められていた。何よりカリムを倒すことだ。ところが彼の心臓は遠くの白塔に保管されている。しかも、そこは恐ろしい魔法で護られていた。一方、ジェーナもカリムの求婚を拒否し、彼は死刑を言い渡した。シンドバッドら一隊は白塔に達し、心臓が保管されている天辺の部屋に行くために塔の鐘から下っているロープをよじ登った。そのため鐘が鳴りはじめ、カリムの心を激しく動揺させ、処刑寸前の姫は難を逃れることができた。カリムは大空を一飛び、シンドバッドとの死闘が展開された。カリムが機を見て決定的な一撃をシンドバッドに下そうとしたとき部下がカリムの心臓を白塔から蹴落とした。その途端、カリムは胸をかきむしりながら死んだ。シンドバッドの胸に姫は抱かれた。

作品データ

原題 Captain Sindbad
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 MGM
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

心臓を盗みに塔の上に

投稿者:motouma

(投稿日:2011/1/1)

悪人の心臓を置いている塔をめざし、シンドバッドはロープを伝い…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > キャプテン・シンドバッド