映画-Movie Walker > 作品を探す > 任侠男一匹

西川幸男の原案を、「悪魔のようなすてきな奴」の松浦健郎がシナリオ化、「日本侠客伝 関東篇」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は、「無宿者仁義」の坪井誠

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天丸組親分、阿波の登喜蔵は、ある日、刑事に追われる兇状持ち黄昏の菊次郎を助けて逃がしてやった。折しも草津では、関西鉄道株式会社が設立され、鈴鹿峠をぶち抜く大工事が計画され、その請負入札が、各地の親分衆を集めて行われた。これに参加した登喜蔵は、一番高い入札をしたが、国家百年の計を思う関西鉄道の若月課長に認められ、井上部長など会社幹部にワイロを使う竹部組の熊蔵をおさえて勝った。だが熊蔵の横ヤリで争いの起るのを恐れた登喜蔵は、この工事でも一番の難所加太山トンネルの工事を自分たちで請負い、他の楽な区間の工事を熊蔵一味に渡して争いを避けた。工事は開始され、登喜蔵の片腕になって、代貸の川喜多、弟の新蔵が働き、登喜蔵の男気にホレ込んだ料亭の仲居、鉄火肌のお夏も参加した。しかし加太山のトンネルは難所の連続で、事故が続出し、加えて入札に負けて面目をつぶされた熊蔵は、好色な金貸大岩に旅芸人一座の娘おふじを人身御供に与えて、登喜蔵への融資を止めさせてしまった。工事もはかどらず資金の途をとざされた天丸組は、危機にさらされ、代貸の川喜多は金策のため、女房のおまきを廓に売って金を作り、お夏も貯金をはたき、若月課長も自分の退職金を前借りして登喜蔵に渡した。三味線をかかえた渡鳥ソーランの鉄も一宿一飯の恩義で、得意ののどでいくばくかの金をつくった。その甲斐あって、天丸組の工事もやっと軌道に乗った。が、そんな登喜蔵をねたんだ熊蔵は、策をろうして川喜多や若月を殺害した。しかし国を思う登喜蔵は、これに耐え男の意気地でトンネルを開通させた。そして開通祝いの日、トンネル開通まではと耐えに耐えてきた登喜蔵の怒りは爆発した。これをつたえ聞いた菊次郎もかけつけ、登喜蔵と菊次郎の白刃は踊り、熊蔵一味を血祭りにあげた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 マキノ雅弘
原案 西川幸男
脚本 松浦健郎
企画 西川幸男俊藤浩滋矢部恒
撮影 坪井誠
音楽 斎藤一郎
美術 森幹男
編集 田中修
録音 大谷政信
スチール 加藤光男
照明 梅谷茂

キャスト

阿波登喜蔵 村田英雄
川喜多有助 水島道太郎
美杉新蔵 長門裕之
若月三郎 根上淳
ソーランの鉄 北島三郎
竹部熊蔵 山本麟一
黒井 関山耕司
大岩金兵衛 沢彰謙
お夏 桜町弘子
おまき 藤田佳子
おふじ 二宮ゆき子
丹下刑事 八名信夫
渡辺達之助 河合絃司
井上部長 春日章良
金太 佐藤晟也
銀太 須賀良
仙台 三重街恒二
万三 土山登士幸
源次 桐島好夫
平助 小林稔侍
金井金五郎 萩原満
丸川角造 内藤正
植木照吉 佐川二郎
大矢部常八 最上逸馬
吉田辰五郎 広川恵造
屋台の親爺 打越正八
人力車夫(一) 滝島孝二
人力車夫(二) 三島一夫
郵便夫 相馬剛三
遣手婆 桧有子
関西鉄道社長 志摩栄
関西鉄道幹部(一) 植田貞光
関西鉄道幹部(二) 清水正
関西鉄道幹部(三) 三木宏裕
関西鉄道幹部(四) 北峯有二
巡査(一) 秋山敏
道具屋(一) 小塚十紀雄
道具屋(二) 吉田武彦
道具屋(三) 岡野耕作
竹部組乾分(一) 久地明
竹部組乾分(二) 山之内修
竹部組乾分(三) 星徹
黄昏の菊次郎 鶴田浩二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 任侠男一匹