TOP > 上映中の映画作品を探す > 妻の日の愛のかたみに

池上三重子の同名手記を「香華」の木下恵介が脚色、「花実のない森」の富本壮吉が監督した純愛もの。撮影もコンビの小原譲治

3/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和二十八年、水と白壁の美しい町柳川に、千枝子は嫁いで来た。夫正之とは見合いであったが、優しい正之との間は、町中の話題になるほどの、おし鳥夫婦であった。正之は中学校の、千枝子は小学校の先生であったが、千枝子は優秀な教師であるばかりか、よき妻、よき嫁であった。ある日、突然千枝子を襲った指の痛み、チョークをもつ手が、食事の仕度をする手が、しばしば激痛に、襲われた。やがてその痛みは全身を走り、全身の関節を侵していった。義母は千枝子の正体の知れぬ痛みが、過労が原因だと知らされ、世間態をはばかり千枝子の症状に困惑したが、義父は心から千枝子の病状を案じた。別府国立病院にリューマチスの患者として入院する頃、千枝子の身体は自分で動かすことの出来ない重症であった。だが正之と千枝子は、現代医学を信じ、一日に数通の愛の書簡を交わしながら、健康な日の訪れを待った。千枝子が、妻、女としての情を短歌に託したのはこの頃であった。入院して三回目の夏、千枝子は一時、退院したが、彼女の闘病生活に新しい苦悩が加わった。九州に根強く残る子なきは去るの風習、言葉にこそ出さぬが、周囲の眼は、鋭敏な千枝子の心をゆすった。私は夫の完全な妻ではありえない。私に出来ることは、正之を自由に解放してあげることだけ……毎夜、夫の姿を見て、病床に涙する千枝子に、正之は、人間の愛は精神で支えうると、励ましつづけた。離別を迫りながら、正之の許可がでないまま、千枝子は周囲の反対を押し切って、二度目の手術を決意した。自殺するに等しい手術、千枝子は、手術の失敗を祈った。麻酔がさめた朝、千枝子は、夫を解放出来ぬ自分に慟哭した。義父が死に、正之の留守になった家を、千枝子はたんかで里に帰った。半狂乱でかけつけた夫の側で千枝子は目をつぶったまま、「こうしていても、目にうつるのは、貴方の姿ばかりですよ」とつぶやいて、涙が一すじ頬をすべった。

作品データ

原題 While Yet a Wife
製作年 1965年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 原田光夫
原作 池上三重子
脚色 木下惠介
監督 富本壮吉
撮影 小原譲治
音楽 木下忠司
美術 間野重雄
照明 木村辰五郎
録音 須田武雄
スチル 沓掛恒一
編集 関口章治

キャスト

池田千枝子 若尾文子
北原正之 船越英二
千枝子の母 瀧花久子
正之の父 浜村純
正之の母 原泉
鳴海信太郎 早川雄三
信太郎の妻 目黒幸子
秋元先生 藤村志保
正之の叔母 村田扶実子
おばさん 岡崎夏子
町の人A 飛田喜佐夫
町の人B 新宮信子
お婆さん 須藤恒子
父の旧友 高村栄一
花嫁(純子) 姿美千子
船頭 藤山浩二
健ちゃん 井上大吾
芳ちゃん 三夏伸
千枝子の義兄 夏木章
葬儀屋A 谷謙一
葬儀屋B 喜多大八
近所の人 伊達正
別府の院長 伊東光一
小使 高見貫

レビュー

「若尾文子映画祭」~「柳川を舞台にした闘病もの」

投稿者:たっかん

(投稿日:2015/8/13)

2015年8月13日、角川シネマ新宿で開催されている『若尾文…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 妻の日の愛のかたみに