映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 甲州路殴り込み

村上元三の原作を、「次郎長三国志」のマキノ雅弘山内鉄也が共同で脚色、マキノ雅弘が監督した“次郎長”シリーズ第四作目。撮影もコンビの山岸長樹

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

清水港次郎長、お蝶夫婦のもとに、渡世人小政が次郎長一家の投げ節お仲の消息をもって駈けつけた。お仲は赤鬼金平の仇討ちに次郎長一家を狙う、甲府猿屋勘助の行動を探ぐりに行ったのだが、折から勘助の所へ草鞋を脱いでいた小政の眼力で人質として捕われたのだ。小政は次郎長と勘助のもめごとを知らず、一宿一飯の恩義を感じながらも、勘助の汚いやり方に怒り、次郎長に事の仔細を知らせたのだった。小政の案内で旅姿も颯爽と甲州路を急ぐ次郎長一家、これに江尻の大熊も乾分、お蝶を連れて加わった。大勢の乾分を連れて待ち伏せた勘助だったが、遂に次郎長の手で鮮血にまみれ、お仲は無事救出された。渡世仁義の掟でも喧嘩は喧嘩、兄貴分の大熊と別れて、次郎長一家は病弱なお蝶を連れ、兇状旅に出た。こんな次郎長一家の姿を見た石松は、勘助殺しの下手人として自首して出ると言っては、次郎長お蝶に涙さすのだった。小政はこの次郎長一家の固い結束を見て、自分も乾分にと頼みこんだ。旅なれないお蝶の発熱をみかねた乾分たちは、昔次郎長が助けた関取りの八尾ケ嶽久六を訪ねた。久六は今は十手を握るやくざの親分となり、次郎長一家を親切げに迎い入れたが、久六の本心は賞金を狙っての芝居であった。途中でそれに気づいた石松らはお蝶を石松の幼友達七五郎の恋女房、お園に預けた。献身的なお園の看病に、次郎長一家は心をなごませた。数日後お仲が久六の賭場で荒稼ぎした金を持って訪ねた時、お蝶はも早やこの世の人ではなかった。が、かくまってくれていれば、お蝶は死ななかったのにと憤る乾分たち真新しい墓標の前でお蝶への弔合戦を次郎長に迫った。不意の殴り込みに、久六一家はひとたまりもなく叩き斬られた。御用提灯の波の中、お蝶の遺髪を抱いて、次郎長一家は清水へと急いだ。その中にお仲、お園に七五郎の顔もあった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

清水次郎長 鶴田浩二
清水の大政 大木実
桶屋の鬼吉 山城新伍
関東綱五郎 曽根晴美
法印大五郎 田中春男
増川仙右衛門 矢野圭二
森の石松 長門裕之
追分三五郎 品川隆二
三保の豚松 佐藤晟也
小政 里見浩太朗
小松村の七五郎 待田京介
お蝶 佐久間良子
投げ節お仲 安城百合子
お園 南田洋子
お秋 鳳玲子
江尻の大熊 山本麟一
猿屋の勘助 石山健二郎
中泉の国蔵 原健策
保下田の久六 遠藤辰雄
駿吉 堺駿二
千吉 加藤浩
忠太 大前均
半二 蓑和田良太
伊之助 汐路章
目明し 五里兵太郎
役人 小田部通麿
捕方 高並功
女中 牧淳子
鬼吉の父 高松錦之助
鬼吉の母 東龍子
松吉 藤本秀夫
乾分 結城哲也
男A 野口泉
中盆 岩尾正隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 甲州路殴り込み