映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦場にながれる歌

作曲家団伊玖磨の随想『陸軍軍楽隊始末記』を「われ一粒の麦なれど」の松山善三が脚色・監督したヒューマンな戦争ドラマ。撮影は「赤ひげ」の中井朝一

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第二次大戦も末のころ、色とりどりのメンバーが陸軍戸山学校の軍楽隊に入隊した。音楽学校出の三条をのぞいた彼等は、みんな死にたくなくて軍楽隊に入った、楽器を持ったこともない者ばかりだった。しかし、彼等の行動を理解する小沼中尉の深いおもいやりと、三条を中心とする八カ月の猛訓練は、音階も知らなかった彼等を立派な音楽隊員に仕立てあげてしまった。だが苛烈な戦争はまだ銃の扱いかたも知らぬ彼等を容赦なく戦場に追いやった。三条、青田、中平、鷲尾、野本ら五名の隊員は、激戦の北支戦線に送られ宣撫工作の命のもと、延々二千キロにおよぶ大行軍が始まった。彼等は、あるときは生死をさ迷う兵隊の心の糧として、またある時は現地人への慰問団として、彼等は必死に演奏し続けた。だが、奥地に入れば入るほど、現地人の日本人に対する憎しみは深くなっていった。そうしたある日、彼等は突然匪賊に襲われ、戦友を助けようとした中平は、敵の銃弾に倒れたが、この絶対の危機を救ってくれたのは、老いた中国人とその娘愛蘭であった。老人は自らの幸福を守るために、彼等を救ったのだと説いた。やがてフィリッピンへ渡った彼等は、小沼中尉をはじめとする戦友に再会した。が、それもつかの間、終戦と同時に、戦友同士までも憎み合う醜い捕虜生活をよぎなくされた。そうしたある日軍楽隊員の耳に、なつかしいブラスバンドの音が聞えてきた。彼等は、昔楽器を埋めた砂浜を思い出し泥だらけのトランペットやサキソフォンを掘り出し、小沼中尉をかこんで高らかに“螢の光”を奏し始めた。真の音楽は“平和の中にのみ存在する”ことを胸にきざみつけながら--。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 We Will Remember
製作年 1965年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 松山善三
製作 藤本真澄市川喜一
原作 団伊玖磨
脚色 松山善三
撮影 中井朝一
音楽 団伊玖磨
美術 中古智
編集 大井英史
録音 斎藤昭
スチル 吉崎松雄
照明 森弘充

キャスト

三条孝 児玉清
青田宏 真塩洋一
鷲尾秀明 二瓶正也
芦原道男 権藤幸彦
野本虎男 鈴木和夫
中平一郎 久保明
田胡光男 当銀長太郎
西崎洋之介 久保田良男
乃木和彦 森下慶一
小川徹二 丸山謙一郎
広田三郎 三木敏彦
小沼中尉 加山雄三
山本隊長 加東大介
小野寺准尉 佐田豊
柿沢兵長 藤木悠
軍曹 名古屋章
兵長 関田裕
上等兵 中山豊
村田助教 山本廉
西山助教 青島幸男
梅谷助教 大村千吉
浦島班長 大村崑
北班長 桂小金治
本田三津子 藤山陽子
ちゃんこ鍋屋の主人 千葉信男
今井中尉 堤康久
荒井准尉 庄司一郎
千田伍長 久野征四郎
毛利上等兵 小川安三
安田上等兵 坂本晴哉
所沢軍曹 黒木順
将校A 佐藤允
将校B 荒木保夫
中国の老爺 森繁久彌
愛蘭 張美瑶
青年 林冲
伍長 小林桂樹
基地の少佐 岡豊
基地の伍長 緒方燐作
正規兵 伊藤実
正規兵 上西弘次
連絡兵 大前亘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦場にながれる歌